独り言インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS (^_-)-☆墓参 集い

<<   作成日時 : 2018/01/03 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3273 習慣の墓参りと安西の家に集合、今年も習慣通り実行。バイパスを通って、富士川の手前、日本軽金属の脇から一号線に降りない東に向かう。坂を下り切ったところから富士市になっていた。そうか、蒲原が静岡市になって、富士川町は富士市になったということらしい、私の生まれ故郷は、庵原郡富士川町岩淵だったが、庵原郡ではなく富士市になった。

富士川駅前の信号を左折して、上りになる。地元では有名な野田山への方向だが、まっすぐ行って、富士川楽座方向に向かう。その手前を右に曲がって右に曲がれば、お寺の駐車場に入る。
画像

http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage102.html
バイパスを東に向かう、奥津から由比に入る境目、右の崖の上は、薩埵峠(さったとうげ)、そこから見える景色は、広重の作にもある有名な場所だが、この写真は、バイパスができる前は、砂浜を歩いて、行き来した場所だ。
画像

墓参りが済んで、静岡の集合場所に戻る前に、できたばかりスカイビュー観覧車から、百人一首に出てくる、田子の浦の方向だ。南方向、富士の町、駿河湾、伊豆半島を一望する。ここからの景色を見ると、60年以上前のこの辺りの環境が様変わりだ。足元近くに見える、すべての施設、道路、建物は、何もなかった。
画像

北の山の方角。ただ、ミカン畑か田んぼ、そして、茶畑だった。高速道路は、その山が削られて通っているが、富士川から、山道をずっと奥まで登りながら、ミカンを頬張りながら、カブトムシ、クワガタやメジロや蝶を追いかけた。この山も川も、私が駆け回る縄張りだった。まさか、昔、こんな風に、鳥のようになってこの景色を見るとは想像できない。
画像

http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage101.html
お墓、お寺からの景色、故郷の山から、見た景色だ。右の富士川橋のこちら側に私が小学校の時に、毎年、一週間ほど止まっていた、おじさんの家がある、今は、いとこがいる。太田石材店だ。

先ほどの“ぶらタモリ”と“家族に乾杯”のジョイン番組で、“三茄子”が何となく、納得になった。三保というより、それだけでなく、静岡市、駿府、駿河が大いに関係することが分かった。久能山東照宮、日本平の有度山が削られたのは、黒っぽい泥岩で成り立っていて、川(安倍川?)からの流れだという実験をして見せたが、どうも、理解できない、安倍川の河口は、今より、何キロも東にあったということは分かっている、静岡市市街の真ん中を流れていた。それなら、削るというより、川の水で運ばれた山からの土砂が堆積するはずで、削られる、の反対だと思うから、実験は川の流れの影響ではなく、海流がなせる業とすれば、納得できる。それは、それとして、茄子の話は、一応納得だ。 “富士山と鷹と茄子は家康のお気に入り“ということで。

東京からの身内を混ぜて、12人、妹の家(私が小学校に入る直前から高校卒まで住んでいた)に集合、当然、私が最年長、話が合わない点が数々あるが、いることに意味があると思っている。
墓参り 観覧車 全員集合

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(^_-)-☆墓参 集い 独り言インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる