(^_-)-☆マスコミが風評増幅

画像
画像


 死者行方不明者28000人、家族全員や町の人全滅なら行方不明者の届け出が出来ない。そういう人が相当数いると推測する。可能性として3万人以上の死者行方不明者になるのではないか。
 何日か前に書いたが、水については毎日、定時に検査して発表しているにもかかわらず、野菜や乳製品の放射能数値の毎日の発表がないし、野地のものとビニールハウスの物との区別も無い。水は翌日には普通の水に戻って、幼児でも飲んでもいいと言っている。しかし、野菜、乳製品は出荷禁止や摂取禁止しただけで、その後の数値発表がない。そして、それを指摘する行政もいないし、マスコミも禁止だ、禁止だと言っているだけ、その後のチェックの結果を求めない。こういうことを、「風評を流布している」と、一般的に言うのです。風評を打ち消す義務があるマスコミが先頭に立って風評を拡大させているのです。
解説者もキャスターも偉そうに行政のやり方を批判していて、分かりやすい説明足りないと言っているが、どういう説明をすれば、何10パーセントの人を納得させられるのか、
手本を示して方法を提案する義務があるのに、しない。要するに責任が生じるかもしれないことは、口に出さないし、提案もしないのです。キャスター自身には自分の感情で物を言っているだけで、それらの事に関する能力や知識は無い。ただ、批判をするだけで、肝心なところは批判も出来ないし、提案も出来ないのです。あるキャスターは民衆の味方のような口ぶりだが、やはり、パニックを沈めるどころかひどくなる様な批判ばかりしている。結局、無知なのです。

 当然だが野菜は洗えば問題ないのだし、ビニールハウスでの栽培なら全く問題ない。そして、一週間過ぎれば半分以下になっているのだし、当然、その前に、人体に影響ないという数値になっているはずである。それらの自治体のトップは当然、大不満である。禁止を解く条件が決まっていないなら、首相の一存で、数値が下回った時点で、自動的に解除すればいいのに、その気配も無い。水は自治体のトップがそういう手段を取っているが、野菜は自治体のトップがOKを出すことはできないことになっているのでしょうか、誰がOKをだす権利があるのでしょうか、禁止した人でしょう。

マスコミは禁止になったということをその時点から毎日、何度も報道している。いつ解除になるかは全く触れていない。水に関しては乳幼児は禁止なった、ということを解除になってからも、流していて、そのニュースの最期のほんのちょっと、付けたすように、今は禁止解除になっていると言うだけ。
マスコミは、水は安全です、と、最初に大きく云うのがパニックを消す方向なのに、危険を強調していて、安全の方は聞かない視聴者が多いことを知らない。専門家の集団としては、全く、お粗末というしかない。

お粗末 風評 迷惑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック