(^_-)-☆盗難被害

 1484 よくある話である。昔 10年ほど前に、MM2100のある会社の事務所内のラップトップが20台ほど一晩の内に消えた。見事に盗まれたのでした。それから、しばらく、コンピューターだけではないが、何件かの窃盗事件が続いた。自分のところは大丈夫という気持か、事件があれば、しばらくはないだろうという気持ちから、対策や侵入されそうな場所のチェックを真剣にしないのです。
昔ほどではないが、偶に、倉庫にある在庫品が纏まって消えたとか、運送中のトラックから、積荷が、途中、消えたとか、輸入したはずの装置が港から消えたなどという話を聞く。ミステリーである。保険に入っているかいないかという話ではなく、何でもありのインドネシアなので、用心に越したことはない。

素人の出来心や思い付きではなく、プロの仕業である。狙われたら、防ぐことはまず不可能です。というより、狙われているなどと思わないのが普通です。

そして、原則的には守衛がグルになっている。眼を付けられた会社の守衛自ら犯行を行うことはないが、まず、守衛が誘われるのです。
駐車場の車上狙いもその通りです。どの駐車場にも、守衛がところどころで歩いたり、座ったりしていて、監視をしています。それでも、鍵穴を壊され、ドアを開けられ、中の物を盗まれます。車の持ち主が戻ってきたときに直ぐ、やられたとわかります。すぐそばにいる守衛に聞いても、知らなかったといいます。ほんの数分で可能な犯行です。守衛は見ないふりをするどころか、彼が実行犯に高価な物やパスポートなどが置かれている可能性が高い車を教えているのです。地方のホテルでは特に中止しましょう。貴重品は車の中や会社の事務机や棚に保管したり置いておいたりしてはいけません。

とにかく犯人に隙を作らないようにしましょう。今、インドネシアは洪水の季節です。洪水に見舞われても、避難をする人は、家に財産や資産が少ない人たちです。ある程度持っていると思っている人達は、一階が沈んだくらいでは、避難しません。理由は留守中に盗難にあうことを心配するからです。そして、その地域のセキュリティを信頼しないというより、彼らが、手引きをするからだと思っているからです。
画像

 ジャカルタ方向の洪水地帯へ急ぐレスキューの一隊の先頭。
画像

 近所のスーパーの日本から輸入食品コーナーの一部、日本で買う価格の二倍が普通です。右上の生ウドン真空パック、170円位です。花かつお、こんなにあって、売れるのでしょうね。誰が買うのでしょうか。
 盗難 被害 用心

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック