(^_-)-☆断水

 1583 ま~~だ、雨季が続いているのでしょうか。毎日、夕方雨が降る。先ほども大雨で、雨漏りをしていた。床下浸水くらいは日常的、水はふんだんにあると思うのだが、何故か、断水になる。朝と夕方の水の出が悪くのは、仕方が無いとして、夕方家に戻った時に水が出ない、いつから出なくなったのかわからない、翌日の朝になっても、出てこない、二日目仕事が終わって帰ってきたときに蛇口をひねってみると、やはり、水が出ない、トイレで用を足し、水を流すと、出てきたが、補給はされない、ということは、どのくらいの間か知らないが、少しは水が出た時があったようだ。しかし、また、断水だ。夜、7時ころになってチョロチョロ出るようになった。やっと、出るようになったようだが、多分、一斉に蛇口を全開にしているのでしょう、一斉にマンディ始めているのでしょう、一斉に、トイレのタンクに水がたまり始めたのでしょう、だから、日常の朝夕と同じ現象で、私の家の蛇口まで、十分に水が届いていないのでしょう。
そして、9時過ぎになってやっと、まともな水の出方になった。この時のホッとした気持ちは、日本にいては味わえない感覚である。ずっと昔、小さかった頃、こういう感激があったような気がする。
こういう日が最近、二度あった。そして、今日、昼間、会社で断水になった。聞くところによると、本当かどうか、リッポチカラン地域が断水になっているという。仕事の方では冷却水として使っているが、循環させているので、ほとんど影響ないが、トイレが困る。それも、女性の方。ただ事ではない、騒ぎになってしまう。レストランも大問題だ。予告はあったのか、と聞いてみたが、知らないという。原因は何だと聞いてみたら、パイプがどこかで壊れたのでしょうという。
結局、夕方には水が戻ったようだが、原因が分からず、予告もなく、いつまで続くのかもわからずの断水だ。困ることは困るが、この断水に状況を、当たり前のことと、納得してしまっているようで、大袈裟に文句を言ったり、水道局?を批判したりする人はいないようだ。
停電も同じこと、こういうものだと、納得してしまっている。私には納得できないが、これを持って、インドネシアの生活を嫌うということはない。織り込み済みだから。
画像

 パンガンダランの一風景、タガールアラムに入ってすぐの一般観光客が自由に過ごすことができる場所、ゴア ジャパン(日本軍の陣地になていた洞穴、鍾乳洞)の前。
画像

 ウンミさんのワルンから、メニューを写したのではなく、向こうにいる女性の様な二人、ベンチョン(おかま)です。歌を歌いながら小銭を要求している、この後、間もなく、私が座っている場所にもやってきた。2千Rp渡した。
 断水 停電 ゴミ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック