(^_-)-☆興味津々

 1928 話のタネにというわけではなく、ファーマーズマートでドリアンや厚切り食パン、ポカリの粉末パックを買いたくて行ってみた。とにかく、車の駐車場所がなく、路上駐車で道も大渋滞だ、とてもじゃないが、自分の運転で周囲に近づいて駐車できない。そこで、ルコタムリンで駐車して、歩いて行った。5分くらいのものだ。13:00頃だったと思う。賑やかは賑やか、人をカキわけかき分け、真っ直ぐには歩けないし、体を横向きにしなければ進めないところもあった。99%はインドネシア人の比較的若い人たちで占めていた。コスプレの姿も多かった。彼等にとっては、日本なんとか。という催しがあれば、自己表現の場とばかり、かなり遠方でも会場に現れるのだそうだ。
画像

画像

さっさと買い物を済ませて、会場の端の垣根をまたいで中に入り、出てくるまで二十分くらいだった、13;40には家に着いていた。
開催される事には大賛成、主催者の皆さんの努力は多いに称えます。盛大なのは良いが、会場の広さや駐車場に関しては、インドネシア人が仕切るなら、インドネシアらしいと思うが、日本人が仕切っているにしては、かなり、色々な点で読みが足りな過ぎると思う。ゆっくり見て回って、インドネシア人の若者たちと交流しようという気分には、ならない。これほどに規模にするなら、ここを会場にすることが、既に、間違えている。昨年の様子から、当然、分かっているはずだと思う。

買って来たドリアン、年々、高価になってきている。大きめのノントン、タイから輸入で、一個、2千円以上する。私は中身を取り出し、パックに入れてあるものを買った、これなら、当たり外れが無いと思うからだ。で、早速、ドリアン酒を仕込んでみた。というのは、「アルコール類とドリアンを一緒に食べたり飲んだりすると死にいたる」いうことを言っている日本人がいたから、「そんなことがあるかよ、バカバカしい、本当なら、東南アジアでは、多くの人が亡くなっているはずだ、そんなことを聞いたことがない」ということを証明しようと思うからだ。
画像

ドリアンを全部酒に漬けてしまうのは、もったいないから、半分以上は、着けながら食べてしまった。美味しい。そして、その濁酒も少し飲んで見た。今のところ、美味しさが口に残るだけで、何の異常もない。
先日、Cempedak酒を漬けたが、Duren酒と合わせて、友人に、提供出来る日が楽しみだ。Cempedak酒は、既に飲んでもらってあって、評判はよし、マンガの様な、匂いと、味があると言われていた。果物自体の匂いはドリアンだが、味は異なるが、酒ならどうか。上がCempedak酒、下がCempedak酒。

また、テレビ画面が、この表示「Layanan ini diblok(4)」になってしまっている。もう、五回以上になる。その都度.いちいち報告し、改善を頼む、何時間か何日間かかかって、元に戻る。それを、繰り返す。原因は、何か、私だけなのか、それとも,同じようなことが外でもあるのか、そして、何故,繰り返されるのか、本当の原因が分かっていないから、根本的には直っていないのではないか。そういうことを質問しても、明快な返事が返ってこない。本当は、直し為に何もしていないのではないか、自然に直ってしまっているので、繰り返しているのではないかと思う。インドネシアである。
賑わい 雰囲気 証明

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック