(^_-)-☆儲ける必要がない

 1981 他人を利用したり、ごまかしたり、脅かしたり、詐欺まがいの方法で金儲けを企んでいる人はこの世に中に絶えることはない。多くの人は、何とか、金銭的に余裕がある暮らしをしたいと思う事は当たり前。そうなるための方法が問題で、他人を利用して、上手く立ち回り、自分の元にお金が来るように画策する、そういう人も多い。

私のように、自腹を切って他人の手伝いばかりをしている人の事は理解できないのでしょう。特に自分が儲け主義の人は、私のような行動には何か裏があるに違いないと思うらしい。貧しい発想だし、寂しい話である。
私はあの世に旅立つときに丁度、お金を使い果たしたいと思っているので、何もこれから大金をためなければならない理由はない。

呆れた報告書が手元に届いた。何の事でしょう? これは、コンピュータか消去した方がいいとアドバイスをさせていただいた。恥ずかしいばかりではなく、場合によっては多額のペナルティーを要求されそうな、危うい報告書だと思う。

またまた、LEDチューブランプのPCカバーの見積もり依頼があった。どうも、芋蔓式に、口コミで私のことが広がっているらしい。特に韓国企業からの話が多い。韓国から輸入しているが、色々な問題があって、インドネシア国内で調達したいというのは自然だ。聞くところによると、韓国企業の私のように、色々な注文生産する押出し成型やはインドネシアに来ていないそうだ。もっとも、韓国ばかりでなく、来ていそうな、中国企業も進出して来ていない。とにかく、インドネシアでは私しかいないということが、次第に確信を持てるようになってきた。
また、PCカバーでなく、パイプのチューブランプの見積もり依頼も入ってきた。ちょっと前、ジャカルタの見本市に行ったときに、中国企業が、展示していたパイプ物と同じだ。その時も、中国から輸入していると言っていた。
このタイプは、一般の従来の蛍光灯と同じ取り付け方なので、単に交換できる。大変優れものだが、どうしても、1/2円や2/3円に比べると高価になってしまう。とにかく、引きうけてやりたいが、今の設備ではキャパシティーが、足りない。残念ながらお断りするしかない。引きうけても迷惑を掛ける心配があるので、せっかく、私を頼りにしてくれているのに、どうにもならない。ただし、どこか、ローカルの押出機を持っている会社に、指導して、下請けとして使うこともできるが、私は、万が一の失敗を心配するので、それもしたくない。ま、しょうがないか。

二色の成形品も依頼があったが、これも、今、試作をしている製品が本生産になれば、機械に全く余裕がなくなるので、断り価格を出した。金型費用は30ジュタでできるが55ジュタにした。製品価格も原料価格の4倍にした。これで、来るはずがない。
画像

画像

PCカバーの製造様子のほんの一部 
出国 入国 イミグレ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック