(^_-)-☆寒むかった

 2146 成田の着陸、1時間前ほどから、機体が大揺れ、雲の中を航行していた。着陸まで、ずっと、揺れていた。逆風が激しくて45分遅れで到着とアナウンスがあった。地上の天候は小雨、静岡へ着いても小雨は止まなかった。うすら寒い。景色も全てがぼかしだった。

 私が在籍していたPT.ASKA INTERNATIONL INDONESIAから、完全に、私が投資して設備し、ある程度の成形を手掛けてきたプラスチック押出成形装置や後加工用、仕上げ装置などの周辺機器などすべての押出し成型関連装置はPT.ENDOTA SINAR INDONESIAに譲渡し、PT.ASKAの時の客先全ても新会社との取引が始まりました。
PT.ASKAは、プラスチックの成形、販売のライセンスを譲りませんでしたから、今も、装置を入れてその仕事をしようとすれば出来ますが、成形の実態が無い状態で、プラスチックの製品や原料を買って販売する事は、商社としてもライセンスは持っていませんから、できません。今までの客先との取引はできません。以前にちょっと触れましたが、その事と、今後はPT.EDIが引き受けることを、事業譲渡をした時に、すべての客先に通知し、ウェブサイトやホームページなどで、押出し成型の仕事を止めましたということを公にお知らせをするのが、商道徳上常識だと思うが、それをしていません。そこで、私の方から、この場で、今まで、アスカでやっていた仕事は、完全にPT.ESIでやることになりました。そして、ASKAとENDOTAと製品、原料の取引関係は在りません。と、宣言させていただきます。

客先や原料商社によっては、登録変更をしなければ取引ができないという会社もあるようですが、PT.ESIでしかできない仕事ですから、とにかく、供給責任に関しては充分、果たして行かなければなりません。その点で、ちょっと、現地のマネージャーの能力に関して、私は心配している。オーナーはしっかりしているので、心配も中くらいになった。
画像

カリンの収穫をしたばかりのようで、独特な甘い香りが玄関に漂っていた。
画像

新幹線の富士川鉄橋からの富士川、子供の頃、小学校に上がる前に、遊んでいた場所です。父親が勤めていた日本軽金属蒲原工場は、この写真の右側です。
無責任 非通知 非常識

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック