(^_-)-☆つらい

 2273 また、訃報が入ってしまった。インドネシアにいて、日本から、この知らせが入るのが一番つらい。もう何十人にもなる。太田化工で仕事をしていた時の取引先(南部化成)のQCの責任者だった鈴木豊さん、下請けの私の会社に良く出かけてきては、品質管理の手法について指導をしてくれていた関係で、現場の担当者にとっては、煩わしい存在だったと思うが、私にとっては、私がしなければならないことを、わざわざ、出かけてきて、やってくれるという意識があって、助かっていた。他の客先に対しても、彼の指導は有効だった。利用させていただいた。
私がインドネシアに来てしまったころから、彼も、会社でのポジションが上がって、自ら出かけてくることはなかったようだ。

帰国して佐々木会長とゴルフをする時、彼も一緒だったことが何度もあって、ゴルフの上手さは、シングルに近かった。また、私がナンブのインドネシアと日本のテクノセンター両方で手伝いをしていた時には、別の事業所だったが、彼の部下たちの技術指導もよくしたし、社内のゴルフ同好会でも付き合ったし、食事にもよく出かけていた。

私が南部から離れて、再びインドネシアへきてしまったあと、会長が止めたころ、彼も、退職した。昨年の暮れ、帰国した時も、一回ゴルフで一緒だった。65歳くらいだと思う。心臓発作の突然死と聞いている。先日の会社の奥さんも心臓麻痺だった。山崎君の時のことを思い出してしまう。
残念でならない。私の会社が全盛のころ、バブル絶頂の頃の友人でした。その後は、断続的な付き合いでした。大変、世話になりました。ご冥福をお祈り申し上げます。久しぶりに会長にメールをした。
画像

画像

 Panatai madasari(マダサリビーチ)の波の状態です。人がいません。ここは、南の国の天国です。
訃報 友人 心不全

無から出でて、無に戻る http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0069.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0067.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック