(^_-)-☆発音の話

2424 日本人は、rとlの発音の違いが分からない。rの発音が苦手。これは、仕方がない。日本語にその区別がないのですから。インドネシア人は、それを、笑って、許す、仕方がないねと。
Padalarangという町に名前、余談、ここの大学の日本語学科の学生は毎年、50人以上、静岡の日本語学校へ留学してくる。この町の名前を、しっかり、発音できる日本人はほとんどいないと思う。巻き舌の発音ができない。
 高速鉄道の予定ルートだった。高速道路の名前がCipularangチプララン、これを正しく読めて発音できる日本人はいないのではないでしょうか。CikampekとPurwakartaとPadalarangを繋ぐので、jalan tol Cipularangといいます。

インドネシア語の発音で一番、気になるというか、こいつ、知らないなと思う発音がある。私が住んでいるBekasiブカシです。これをベカシと言ったり、書いたりする人がいる。インドネシア語の辞書に、単語の初めの文字が子音で次が母音になる、日本のローマ字のような文字の場合、その母音がeの時は、エとウの中間の発音をする、エの口でウという、或いはその逆のようなことを書いてある。こんな、曖昧なことを、書いては、いけません。ウと発音するのです。英語から来ている言葉は、英語の発音のままでいいのです。ただ、ほとんどの言葉は、ウと発音するのが正しいし、インドネシア人も自然に聞きます。それを、エと発音すれば、エッと、いわれます。グーグルマップのカタカナ表示も、この書の書き方が間違っている地名が多い。pulau belitungブリトゥン島です。これを、ベリトゥンと書いて、検索したり、質問したりする人が多い。私がインドネシアで、一番、景色が魅力的だと思っている島です。是非、ブリトゥン島で検索してみてください。

 midplazaあなたは、どう発音しますか、タクシーの運転手に、何といいますか。ミッド プラザというでしょう?運転手は、全く分からないでしょう。正しい発音は、“ミッ プラッ”です。これで、運転手は頷きます。

 Cの次に母音が来る場合は、チャ チ チュ チェ チョと発音します。私が住むCikarang Bekasiは、チカラン ブカシといいます。ただし、これも、英語からくる言葉は、英語のまま発音します。Coca Colaそのまま、コカコーラです。チョチャ チョーラでは、ありません。ふざけて、こういう人もいます。MM2100はCibitung Bekasiチビトゥン ブカシにあります。
他にもありますが、このくらいにしておきましょう。
画像

画像

 この木なんの木、不思議ではない木です。小さい実が沢山ぶら下がっている、葉がほとんどない木です。Sawo duren(dulian)サヲ ドレンとう果物です。黒っぽくなれば、食べごろで、甘い。
 もう一本は、名前を知らない、実はならない。紅葉が美しい。
 チカラン ブカシ ブリトゥン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック