(^_-)-☆クローバー

2502 私にとっては大発見でした。他の人にはどうでもいいことだろう。
そうです、トランプにある三つ葉のクローバーです。一般の人には私の感激ぶりは分からないでしょうが、私は大感激をしている。というのは、子供のころから、四葉のクローバーを意識して探すことが多かった。日本には、当たり前にあちこちにある。四葉を見つけるというより、なんとなく目に入る時があって、それを摘んで、押し葉にして、しおりのようにしていた。シンガポールでも見つけてドイツの孫に持っていったことがあったし、スイスのサンモリッツでもホテルの庭のブランコの下に見つけて、孫と一緒に、五つ見つけた。

インドネシアではどうか、サバンからムラオケまで、旅をしたし、歩き回った。そのどこでも、目に入る植物には、何気なく、目をやっていた。珍しいものがあれば写真に収めた。インドネシアでは、自然の場所は乾ききった茶色の地が表れているところはまずない。植物、草に覆われている。当然、地面の草も意識しなくても目に入る。時にはクローバーを意識して探してみることある。しかし、ない。19年のうち、最近の10年前には、それ まで、会わないので、インドネシアにはないのではないかと思うようになり、それ以降は、意識して、地面を見るようになった。ゴルフ場では芝以外の植物を沢山見る良い機会だ。外との仕切りの柵の内側には背が低い植物や小さい花がいっぱいある。しかし、クローバーは無い。

トランプにあるような葉っぱを見たことがあるかと、インドネシア人に聞いても、見たことがないという。もっとも、インドネシア人は、桜以外の花や木や草にまったく興味がない、名前も知らない。インドネシアにいる日本人もクローバーにあったことがある人はいないと思う。
画像

ところが、きょう、思いがけなく見つけた。ゴルフ場のコースの途中の休憩所の一角にあるコンクリートブロックを敷いた場所のそのブロックのほんの10cm四方の隙間の土の上に見つけた。葉は大きいもので1cmもない。いくつかの同じような隙間にも見つけた。しかし、全部の面積を合計しての30平方センチメートル以下だった。そこで見つけてから、完全に意識して、最後までの数ホールを移動しながら、同じようの場所を探したが、見つけることは出来なかった。ロータスレークやスダナにも以前意識して探したことがあったが、なかった。
ここの土は、別の場所から持ってきたものだと思うが、外国からということは無いと思うので、インドネシアのどこかにあるはずだ。もっとも、そのどこかの土は外国からかもしれない。外国から、種を持ち込んでわざわざここのまいたという感じもない。とにかく、インドネシアで初めて見つけたクローバーでした。一緒に回った人に話したが、反応は無かった。

ところで、インドネシアの各地の広大な田んぼで紫のレンゲを見たことがない。
画像

このゴルフ場は、国営の化学肥料会社、クププ クジャンの所有なので、どうか、トマトやナスの畑が点在している。育ちはいいような気がする。
三つ葉 クローバー 外来種

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック