(^_-)-☆別の疲れた

 2665 岡崎選手がいるレスターが優勝しましたね。お伽噺のようだとか。インドネシアではサッカーは大人気だが、めっぽう弱いようだ。それに、何が違反だったのか知らないが、国際的な大会には出られないようだ。アジア大会やシーゲーム(東南アジア大会)には参加できるのでしょうか。次のアジア大会は、2018年、ジャカルタとパレンバンで開催するようだが、トラブルなく進行できるといいですね。
 
ちょっと、新しくしたプロファイルですが、未完成です。
http://otaenplaext.net/newpage102.html
画像

画像

 毎度々々の渋滞
社内でこんな話があった。日本人の方々、似たような経験があると思います。
Tri cipta kirim ini.
Minta quotation harga mold, product minimum order. Dikrim sore ini.
Terima kasih
出先の営業担当からだと思うが、こんなメールが送られてきた。製品の図面は添付されていた。
トゥリチプタという会社がこれを送った。
金型の価格と最少ロットを夕方に送ってください。と、いっている。これだけだ。分からないことが沢山あって、返事をしようがないし、見積もりを出しようがない。送った本人は、これで、見積もりを出せると思っているとしか思えない。
私は、先ず、この会社の誰に返事を出せばいいのか分からない、不明なことを誰に問い合わせることができるのか分からない。担当者の名前もHP番号も分からない。図面に肝心な原料名が書いてない。送った本人に連絡しようとしたが、電話に出ないし、メールに対しても返事がない。

夕方、本人が帰ってきたので、その会社の私が知っている人の名前を言って、この人かと聞いたら、違う人だという。それなら誰?と聞いたら。その人の場所でもなく、別の事業所の人だという。あんな頼みをするときには、相手の名前と電話番号ぐらいは普通書いて、私に送るでしょう、と、言ったら、少しふて腐れた。
そこで、名前と電話番号をメモに手書きをして、私に差し出した。アルファベットが崩れていて、読めない、7~8文字のうち5個ほど読めない。コンピューターで打ったような文字を書いてほしい、と、頼んだ。電話番号がまた、はっきりしない、8なのか9なのか、6と1が繋がっているのか4なのかわからない。8が6にも見える。9と7が紛らわしい。私は、解読できない。名前も番号も正解を言えなかった。丁寧に書き直すように指摘したら、完全にふて腐れた。

原料や色や硬度などを本当は彼が知って、見積もりを出すには、それ必要不可欠だということ分かってほしいと思ったが、ダメだ、こりゃ、ということで、私が相手に電話をし、メールアドレスをSMSで知らせ、詳しいスペックを送ってもらい、見積もりを直ぐに出した。
学校でどんな文字の書き方を指導するのでしょうか。インドネシア人の文字は、アルファベット、数字とも、明朝体やゴシックとは程遠いばかりでなく、醜い。
厄介 解読 クイズ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック