(^_-)-☆グループジョイン

 2864 ゴルフグループの合併。私たちのゴルフのグループの人数が危機的状態になりつつあるので、他のグループと合併を模索することにした。何年も、固定メンバーは私ともう一方(この方が世話役をしてくれていた)の二人、その他は、入れ代わり立ち代わりで、最低1組(三人)は、毎土日祝日、確保できていた。しかし、ここ最近、その、もう一方が、しばらく日本に留まることになって、9月初めから、いなくなり、私が世話役を引き継いでいた。それでも、私を入れて、会員になっている6人ほどが構成員になっていた。

ところが、今年一杯で帰国する方、年会費35ジュタが、高いから、更新しない方がいて、最近の土曜日は2人しかいなくて、結局、キャンセルしなければならない状態になってきていた。そのうえ、ちょっと、はっきりしないが私自身も、来年からは、長期でインドネシアに滞在するのは止めようと思っているし、ちょっと先だが、来年五月に帰国が決定している方もいる。私は、12月から1月一週目は、インドネシアにいないし、他の何人かも年末年始で帰国するし、残っていて、年末年始の連休ゴルフ三昧をするという人がいる。それでも、今のところ、全ての土日やチュティブルサマ、祭日が二人しかいない状態になってしまっている。とにかく、帰国しない人をどこからか連れてきて一緒にプー出来るようにしてあげなければならない。

今日の打ち合わせの結果、原則として、私たちのグループが、先方に入らせていただくということにした。双方とも、12月末近くまで土日の予約時間は決まっているので、こちらの予約をキャンセルして、先方に入れてもらうことにした。ゴルフ場では別グループながら、良く見る顔なので、あまり、抵抗はないと思うが、ルールや終わった後の食事の状態が違うと思うが、これは、調整しなければならない。12月と1月初旬は、私がいなくても何とかなるようになった。世話役は先方に世話役がそのままやってくれることになった。実を言うと、先方も10人ほどいたが10月一杯で半分ほど帰国してしまったそうで、こちらと似たような状態だった。

吸収合併とは直接関係ない話だが、ちょっと、重要。私たちのグループはアルコールが苦手な人が多いので、アルコールを除いた金額を割り勘にしている。多くのグループは、アルコールを飲まない人も、全ての金額を割り勘で払うことが多い。私自身は、他のコンペに出たくない理由はそこにある。賞金や賞品をもらえない上に、食べた金額の倍以上を払わされるからだ。食事だけなら8万Rpで済むのに、20万Rp以上払うのが普通だからだ。普段、平均2万Rp以下の食事をしている私にとっては、8万Rpでも高いと思っていて、付き合いだから仕方がないと思っているのに。それでいて、がぶがぶ飲む人は、ご機嫌で、飲まない人への気遣いを感じられない。
画像

画像

新工場の様子を見に行ってきた。大分出来上がっていて、来週土曜日には引っ越しが出来そうだ。手洗い場が何か所、雨除けのちょっと広めの突き出し屋根二か所、工場前の補装、エアコン、などがまだだが、一週間以内にはできそうだ。
画像

MM2100と高速道路を跨いでチビトゥンと行き来する橋の新設。見たところでは、今年一杯には完成しそうだ。
ゴルフ 監事 合併

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック