(^_-)-☆どうしたのかな

  3288 ネット用のプルサを20万Rp無駄にした。ANDROMAXという、モデムを使っているのだが、店へ行くと、必ずといていいほど、新しいチップに変えられる。勿論、番号も変わる、その番号はモデムに張られる。そして、店のPCで、つながったことが、確認され、金額分の13GBとでる。これで、OKとなる。ところが、一日後、使ったのは3時間程度、ハビストいう表示が出て、繋がらなくなってしまった。分からませ~~~ン、買った店へもっていっても、そんなことはないはずだ、それだけ、使ってしまったのだろう、と、言われるだけだった。

自分でやると、何やら、ごまかされているような気なするので、会社の事務の人にプルサを頼んだ。32GBで17万Rpだそうだ。二三日後に、ハビスhabisにならないことを祈るしかない。

夜勤から朝勤へ引き継ぎをしているとき、8時、停電mati lampuになった。停電の状況は以前と変わっていないという。9時に、電気が来た。明らかに、予告なしの計画停電だ。稼動していたラインが再稼働しはじめたのは、11時を回っていた。この場所にいる限りは、この状況を受け入れなければならない。


再びMM2100へ、ナンブで仕事の打ち合わせ。押出部門の客先インドネシアほとんどの仕事は、私が引き受け軌道に乗せたもの。昨日も触れたが、それぞれの客先からの注文が増えてきたが、生産設備を増やしていない。増やす場所もない。生産スピードアップの技術を待っている人もいない。今や全休日も休みなしで生産している。それでも、納品が間に合わなくなっている。その中の車関係など、とにかく、納期厳守の客先が優先になり、どちらかというと、強く言えない客先へ納期遅れになってしまう。もともと、私が作り始めた製品なので、それらの会社から私に、何とかしてほしと、言ってきているのです。

で、私のところで、一部を引き受けることになるが、間に合わない分を少しだけ引き受けるというわけにいかない。価格は、今までと同じか、下げてほしいわけだから、ある程度の量がなければ、客先希望の見積もりは出せない。だから、一部でなくて、その客先の仕事を徐々に、私の方で引受けることができるように、一応、お願いということで行ってきた。
金型の問題もある。金型を使わなくなるのだから、固定資産になっていなければ、捨ててください、私が拾うから、と頼んだ。もともと、私が作ったものだし。一寸、考えさせてといわれた。

金曜日に来て、雨期のはずが、曇ってはいたが、雨が、ほとんど降らなかった。今日は、初めての雨季らしい雨だった。大雨で、カリマランなどは使わないで、インドネシアに戻ってから始めて、チカランバラットからジャラントールに入った。カードを使うのは初めてだった。
画像

タッチパネルをちょっと通り過ぎてしまったので、降りてタッチした。ゲートが開いてほっとした。後続車がなかったので、ちょっとゆっくり、車に乗ろうとしたとき、支払った金額と残り金額が電光で示された。ここは、前払いだから、そういう数字が出たと思うが、前払いでない場合、タッチした時に、いくらカードに残っているか、示されないという。後払いのゲートに入ったときの方が、残りの金額を示されることが必要だと思う。
画像

チカランウタマのゲートの横を通った時に、インドネシアらしい、風景がった。ゲートとゲートの仕分け部に、コンテナトラックが乗り上げていた。まかよ。こういう姿は、珍しくないのがインドネシア。
画像

画像

中央分離帯では、高架高速道路の建設中、いつできるのでしょうか、楽しみだ。ここは、マスピオンの辺り。
ところで、ジャバベカ1からのゲートはいつから?5年ほど前にジャカルタ方面からの出口はできていて、ジャカルタ方面に入る高架や侵入道もできている。しかし、ゲートができていないようだ。
調整 頼み 状況

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック