(^_-)-☆どうでもいいか

 3460 オウム真理教の7人が死刑執行されたことで、真相が分からなくなったとか、繰り返されないための方策が分からなくなった。だから、執行は早すぎた、もっと彼らから、聞く事が沢山あったのではないか、などと、分かったような、分からないようなこ


とを、もっともらしく、評論している人がいる。何故、今だったのか、分かるように説明する義務があるとか、なぜ、7人だったのかも、分からないという。言いたい人には言わせておけと、言いたくなる、だけの、コメントだ。

裁判ですべての悪行に関して、他の容疑者の先走り、自分は関わっていないと主張し、他の容疑者から批判されると、沈黙に転じたという、状況は、傍聴した人たちから明かになっている。真相が分からなくなってしまったという人は、真相って何を求めているのでしょうか。なにを。麻原がしゃべったら、その人たちは満足して、分りました、それでは、死刑を執行してもいいですよ、と言うのでしょうか。今回の死刑執行を批判する人こそ、それを、明らかにする必要があるでしょ。

タチ、チェンマイの洞窟に取り残された少年たちの救出がはじまりましたね。救出作戦で外国からの応援も来て、何百人、何千人の何十日間で、また、膨大な費用がかかっている。 多分、全員が救出されるでしょう。一種の国際的ショーのようですね。それはそれで、一種の美談として扱われるでしょう。

彼らは、どんな少年たちだったでしょうか、単なる、日常的な遊びで入ったのでしょう。勿論、こんな大変なことになるとは、毛頭、思わなかっただろうし、思うような賢さもなかったでしょう。こんなことになってしまったことに関して、これから、いろいろは、方たちから、様々な、意見、批判、賛同、賛辞、言いたいだけのことを言われるでしょう。そして、何日か後に、ほとんど、忘れられる。オームの話ではないが、再発防止のために、原因を追究しなければならないと、いう人もいるでしょう。ま、適当にやってください、大騒ぎをするような話ではないと私は思う。

それより、酸素がなくなって死んでしまった救助員の一人の事を考えると、悔しさがこみ上げてくる。どんな、生活をしている人だったのでしょうか。本人と関係する人達、犠牲者だ。これこそ、原因を追究し、繰り返さないようにしなければならない。少年たち救出ができなくても、救出しようとする人が犠牲にならないことの方が優先だと思う。救出された少年たちは、この亡くなった人をどうお思うのでしょうか。多分、何にも、思わないでしょう。

浅間山荘事件で、犠牲になった機動隊?の方の事を思いだす。
画像

画像

ずっと以前から、来るぞ来るぞといわれている駿河湾津波が発生すれば、確実に押し流されるであろう、駅舎と東海道本線と新幹線
犠牲 追及 無意味

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック