(^_-)-☆解禁の情報

 3507 今日で終わりだが、ジャカルタでアジア大会の水泳を見に行きたいといっている日本人が非常に多かった。しかし、ずっと前から完売で、チケットが手に入らないという。仕方がないから、ダフ屋から2千円弱の席を1万円も払って、入手したという人もいた。
私が見たサッカーは3万人収容なのに、多分、2~3千人しか入っていなかったと思う。日本人がすぐそばに大勢すんでいるのに。ブカシバラットのパトリオットスタディアム(イミグレとくっ付いている)19;30から日本とマレーシアのサッカー試合があった。結果はどうだったでしょうか。

インドネシアの押出成形業界にとって大きな動きがある。月曜日から、ディキー君が、この会社で社長になるために入ってくる。私は社長のポジションから引いて、アダバイザ―になる。ディキー君は、私が、一時帰国して太田化工に居たときに、静岡で日本語学校へ通っていた。急に忙しい仕事が纏まって、短期間、大勢のアルバイトを雇わなければならなかったとき、私がインドネシア語を話せるから、日本語学校へ行ってインドネシア人のアルバイトを募集した。20人ほど、2か月くらい使った。その中に、ディキー君がいた。電気や機械に強く、インドネシア人たちの中でリーダー的存在だった。

私がインドネシアのキタガワに復帰したとき、日本での勉強機関が終わってインドネシどに戻った彼から、連絡があって、私の元で働きたいということだったので、キタガワに入社させた。技術の覚えは早いし、出来そうもなおことでも、積極的にトライをしていて、今まで私が教えていた人達より、頼れる存在になって行った。

私はキタガワから抜けてアフミを手伝っていた時、キタガワは撤退することになり、受け入れ場所を、私のところへと北川社長から頼まれて引き受けることにした。そして、従業員の引き取るつもりでいた。

しかし、当時のキタガワの現地社長と受け側のアジアテックフジサワの現地社長が、移動してくるキタガワ社員の待遇について、給料は基本給からにするとか、就職先をあてがったのだからと、退職金を、かなり少なくした。それを拒否できないように、何人かを厚遇にして、先に移動させ、ついて、移動しなければ、首にすると強行に出た。止む負えず、ほとんど全員が、アジアテックに移った。仕事も移した。その時、私はアジアテックにいた。その間の事情については、私はどうにもならなかった。給料はもともとの社員よりはるかに少ないし、仕事できない人より、ポジションも下、不満が爆発して、私に、何とかしてほしいとたのまれた。、また、客先からも、まともな製品がはいってこなくて困るという話も上がってきた。

仕方がないから、私が三千万円程、出資して、押出工場をディキー君たちに作らせた。その時、私に頼んできた会社が、P,BEDやKOHONOやTOSOやABAだった。その後、ナンブのインドネシア進出の手伝いをしたときに、でぃきー君を先頭にした現地押出会社をナンブの中に入れた。それが7年ほど前になる。そして、ナンブの押出部門は、日本人がいない、ディキー君がトップで安定して会社に貢献している。しかし、ここ、何年か、他の部門の人数やスペースが増え、赤字部門が増え、日本人が知らない押出部門の売り上げ比率は少なくなる一方、仕事を頼まれるが、もう、容量が一杯で、引き受けられない、装置を増やす考えな生まれてこない、ディッキー君、リーダーとして、行き詰まってしまっていて、止めたい、止めたいと言い出すようになった。

日本人にいろいろ、状況の改善を恃んだが、聞き入れともらえなかった。そして、ついに、レバランの前に退職願いをだした。許可されず、伸び伸びになったが、許可を待てなくなって、今日でナンブへの出社は終りにした。

本当は、ナンブの中の押出部門を独立させてもらい、彼が経営すれば、ナンブにとっても大きなメリットがあったと思うが、とに角、押出を知らない人ばかりだから、どうにもならない。私が、会社勤めを辞めたときと同じ状況のような気がする。

私が、そそのかしたわけではない。ただし、彼としては、ナンブを止めても、いつでも、私と一緒の場所で仕事ができるという意識があっての行動だった。事実、フリーになれば、いつでも大歓迎だ。残っている、私の教え子達、20人くらい、気持ちの動揺は大きいと思う。何人かは、私に相談に来ると思う。ナンブの押出部門、利益を上げているのは、その部門だけなのに、押出を知らない人が部門の責任者、客先と話ができない人が責任者?責任者が責任を負えない?どうなることでしょう。

明日、土曜日に会社の近くに引っ越しするといっていた。

http://otaenplaext.net/newpage140.html先日のブンクルー行きの記録をウェブサイトにアップした。

サッカー、インドネシア、UAEに負けたね。終盤ロスタイムに同点に追いついたが、PK戦でまけた。ボールの支配時間やシュート数は圧倒していたが、敗因は、相手の倒れ方がうまかった。倒れ方で負けた。ロスタイムの殆どは、UAEの選手が、何で、そんなところで、倒れているの?だった。ペナルティーキック二回、これも、倒れ方がうまかった。

 19時半からの日本はどうだったか、ブカシバラットだね。終了間際のPKをもらって、勝ったね。マレーシアが気の毒だね。
画像

画像

 昨日、たまたま、客先の人と入った日本食レストラン、MM2100に中のイズミとジャバベカ2のジャバショク、特に印象はない。
後退 交代 生徒

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック