(^_-)-☆チカランに戻った

 3514 ホテル、10時出発、タクシーで、ところがこの運ちゃん、トールゲートを通り過ぎてから、トールで行くか?と聞く、そうだというと、遠回りをした道をUターンして戻る、そして、路肩にとめた、今度はなに?イーチケットを持っていないから買うという、財布を探っていて、お金がないようだ、金を2万Rp出してほしという、2万を持っていなかったから、5万Rp渡した。また、トールゲートを通り過ぎたところのコンビニへ入って、イーチケットを5万Rp買って戻ってきて、領収書を私に渡した。そして、また、Uターン場所まで行って、やっと、トールゲートに入った。
画像

画像

 ホテルとトールゲートの途中にある。軍の英雄墓地。
 入るとき、出るとき、そして、もう一回、入る、そして出る、やっと、空港に到着した。メーターは14万を示していた。ぐるぐるまわったから、実際には13万くらいだと思うが、空港の駐車料金もあるから、15万をだして、おつりはいらないよ、といってやった。運ちゃん喜んだ。で、終わりということらしい。私は、さっき買ったイ―チェットは、と聞いたら、何のこと?と、とぼけている、おいおい、私が払ったイーチケットで高速代を払っただろ、そのチケット、私の物でしょ、自分で使うから、返しなさいよ、しぶしぶ、しまい込んでしまったバッグの中から出して私に返した。人のよさそうな運転手だが、したたかな奴だ。
 いつもお思う、タクシーを使う時、日本人の皆さん、どういう方法で、高速代を払っているのでしょうか。私は、今後は、自分でイーチケットを持っていて、高速に入るときにこれを使うようにと、渡すことにしようと思う。普段,自分持っていて使っているのだから。

 スラバヤ、何度も来ているが通り過ぎるだけのことが多い、今回も、街を見て回ることはなかった。ま、どこも同じ、ゴミだらけ、臭い、渋滞も当り前。そんなものだ。スラバヤとしての旅行記はない。どうも、飛行機の中も臭い感じがする。何時だったか、機内トイレの前に、消臭剤というか、芳香剤というか、いくつか吊り下げられていたことがあった。この機内にも、そんな類が必要か。

 JT 0591この便、なにを思ったのか、ボーディングタイムの30分も前に、機内にへという案内がった。私は疑って、別の便じゃないのと、周りの人に聞いたくらいだ。出発時間が、13:20、機内に入るのは、12;50が普通、チケットにもそう書いてあったが、12:20分だった。出発時間を早くしてしまうわけにはいかないはずだから、早くはいっても仕方がないと思いながら、12;40には機内に座った。40分もある、眠ってしまった。そして、目が覚めた。まだ、出発していない。時間を見た、13;40だった。そして、14;00に離陸した。どうですか、30分も早く載せて、40分も遅れて離陸、インドネシアですね。“恐れ入り屋の鬼子母神“いちいち気にしてはいけないと思ってはいるがね。
画像

 16時半に空港から出発、奇数偶数が実施されているので、流れは順調。このハートマーオ、実は心臓、ハラパン キタ心臓専門国立病院、パニック障害の時、この病院から、インドネシア脱出を成功させた。前を通るたびに思い出す。
画像

 言わずと知れたスマンギの立体交差、ジャカルタンの象徴の一か所が、円形道を追加して、象徴を誇示している、プラザスマンギだ。
 
 なんと、18時前には会社についてしまった。若干、明るい。しかし、なんと、停電、嫌になる。一時間ほどで電気が来たので、家に帰った。来たばっかりのディキ君、現実を知ったと思う。
汚い、臭い、停電、を700Km離れた場所で、インドネシアらしさを感じた一日でした。
汚い 臭い 暗い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック