(^_-)-☆タピオカ

 3858 日本ではタピオカの飲み物?が、話題になっているようですね。 tapioka=Tupung Singkong タピオカはインドネシア語でシンコンの粉(でんぷん成分)だと思う。Cassavaキャッサバともいうようですね。インドネシアに居るときには、テンペと同じくらい、頻繁にシンコンを食べる。タピオカなんか食べたことはない、その元の元を食べている。シンコンに味はない、スタイルはお芋、田舎へ行けば、道端にあるし、あぜ道にもある。至る所にある。収穫できる姿は、直径2cmのひょろっとしたイボイボのある木、高さ1m~1,5m、が多い。上の方に葉っぱが茂っている。特徴がハッキリしているので、誰でも、これはシンコンと分かる。栽培は簡単、その木を何cmかにきって、地面に刺しておけばいい、そういう状態も道端でよく見る。肥料や手入れはいらない、放っておけばいい。葉っぱは食べるし、根っこも食べる、木は燃料になる。捨てるところがない。保存がきく。食べるものがないときには,これでしのげる。そのために、どこの田舎でもこれを植えてある。
 毒があるので、日本では、皮つきの自然のままでは輸入禁止らしい。皮をむいて、長時間水に付けたり、長時間保存しておけばいいらしい、茹でたり、揚げたりすれ、問題ない。私は、ゴレンガンで、美味しく食べている。
csingkong1.jpg
cassava-.jpg
Daun_Singkong].jpg
https://www.youtube.com/watch?v=IabzNoCHfKI
cDSC04468.JPG
 孫の吹奏楽コンクール県大会の様子を見に、富士のロゼシアターへ行ってきた。広い会場、10時開場に9時半に着いた。50Mくらいの行列ができていた。会場時には100Mイになっていたが、入って座ってみると、がらすき、前から4列目の真ん中に座った。孫の学校の出番は、2番目、10時半、クラリネット、一番目立つ位置に座って吹いていた。終わって、立ち上がって挨拶の時に目が合った。
 11時過ぎには出てきてしまったが、23校が終わるのが17時過ぎ、成績発表は18時過ぎとか、20時過ぎに孫が帰ってきて、成績は16番だったとか。やはり、浜松の学校が上位を占めたらしい。私には、前回もそうだったが、巧い下手は全く分からない、評価する人は、想像ができない能力を持っているのだろうなと思う。

この記事へのコメント