(^_-)-☆分りませ~~ン

  3917 達磨さんが転んだ、かな? DAHRMAという名前が付いた会社がチカランジャバベカ辺りに何社か散らばっている。ダルマグループとでもいうのでしょうか。私たちの会社がそのうちの一社から技術指導の依頼が来ていた。それが、もう、半年以上前の話だ。その当時、合い見積もりをどこかの会社にも依頼して、その会社の購買によると、うちが、かなり高い、何とかならないかと言われていた。どうにもならないと、突っぱねて、その会社から装置一式と技術指導を受けたらいいじゃないですか。別に競争する気は、無い、むしろ、インドネシアの企業ができるなら、何も、私が登場して、邪魔をしたく無いと伝えてあった。

当時、装置は3か月の納期が必要、技術指導の期間をみて、10月くらいから量産できるでしょうというはなしだった。その会社は、その製品の納品が本格化するのは10月からだと言っていたから、ギリギリの日程になる、間に合わないときには、私たちの会社が頼まれることになれば、私たちの会社で作る、と言う話だった。

また、9月初めに、内からの値段は何とかならないかと言ってきた。おいおい、遠くに他社に注文したんじゃないの、内にはもう関係ないと判断していた。まだ、注文していないの、もう、全く、10月にまにあわないじゃないの、大丈夫?その時、他社の見積もりは500ジュタだといってきた。内は800ジュタと出してあった。とんでもなく、安い価格だ。それなら、私たちも増設する時には頼みたいと思ったくらいだ。

どうなっているの、それで、まだ、その他社に注文していないとは。しかたがないから、どうでもいいが、10%見積もりを下げて、720ジュタにしてやった。それなのに、それから1っカ月以上音沙汰無し、もう、他社に注文したのだろうなと、こちらから、きくこともしないでいたら、今日、明後日、その仕事に関して、打ち合わせをしたいと言ってきた。もう、ハッキリしないことが多かったから、しっかり打ち合わせをしようと、こちらから頼んで数回、打ち合わせをした。それなのにまた?

もう、当初の話だと、客先に量産納入する時期がすぎているのにだ。まったく、何を考えているのか、どうしようというのか理解できない。もう、今さら頼まれても、やってやる気が起きるかどうかわからので、ま、またかと、聞くだけにしようと思う。こちらから、言うことはないもない。

それより、この会社、何をどう判断しているのだろうか、上層部はこのことを知っているのだろうか、まさか、知っていて、迷わせているのだろうか、ホンダやカワサキのバイクの部品だというのに、大丈夫だろうか。
DSC05560.JPG
この車、実地運転練習中、3車線の道でUターンをしようとしている。私もその次の次ぎについている。一番中央寄りの車線にUターンできないで、真ん中車線に向っている、この様子では、真ん中に入れないで、一番外側の車線に向っているようだ。結局、全車線を塞いでやっとUターンできた。私は、その車が路肩側車線に入った時には、中央車線にUターンし終わっていた。インドネシアには日本のような練習コースはないので、いきなり路上だ。それも、練習者でなく、個人が勝手に、練習している。免許証SIMは買うものだ。実地も構造も法規もテストは無い。
DSC05565.JPG
新しく造成された広大な場所を貫く広い通り、周りの造成地は,ダンプカーが頻繁に作業をしている。この新し道、ダンプなどの大型を通行禁止にした。インドネシアには、こういう、高さ制限の頑丈なゲートがある道が多い、また、住宅地には、遮断機も多い。
不思議 無関心 打ち合わせ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント