(^_-)-☆Try again

 3935 7時半ごろスタート、まだ、乾季の真っただ中という暑さだ。日差しがきつい、カートは帆影に止まるようにしているが、カート道の反射熱を意識する。疲れもあってか、何やら、熱中症というのは、こういい物かと思わされる、眩暈のようなものもする。とにかく、このままじゃ,拙いと思い、血管を冷やすことにした。凍らせて持ってきたアクアのボトルを首…
コメント:0

続きを読むread more