(^_-)-☆再確認できた

 3958 昨日からのもやもやが直らないまま、出勤。昨日、出来なかったチョバを、今度は、押出機のシリンダーと金魚掬いの柄の部分で、実験をした。今度は、炊飯器と違って、長い物ができるし、温度設定、コントロールができる環境なので、空気を吹きこむ時の柔らかさは何度が最適かも確認できた。連続生産はできないが、50Cmの長さの熱収縮チューブができるようになった。熱収縮チューブって、こういうチューブだよと、従業員に実演して見せた。お初にお目にかかる代物だ。彼らはどう感じただろうか。
今後、これをどうするか。私には分からない、とにかく、インドネシアで初?の熱収縮チューブはできるようになった。昔から“スミチューブ”有名ですね。製法は違いますね。
DSC06399.JPG
四種類あるが、それぞれの右側が元のサイズ。

 サッカーのワールドカップ日韓共同開催、2002年でした。その最中、住処にいて、クラっと眩暈がした。ソファーに座っていられなくて、横になった。気が遠くなりそうだった。このまま、どうなってしまうのだろうかと思った。どうにもならなかった。眩暈は直っていないが、気絶迄はいかなかった。何事かと不安になり、直ぐ近くのアニッサという病院に駆け込んだ。そこのICUで、血液監査や心電図などの検査をしてもらったが異常なし、そして、症状も治ってしまっていた。何やら点滴をされながら、直ぐ脇のサッカーワールドカップの実況中継テレビ画面を、そこの医者と看護婦らと一緒に見ていた。

http://otaenplaext.net/concept50.html
それが、2006年、完璧なパニック障害になって、思い返すと、最初の症状だったと思った。そして、似たような状況はニ、三度あった。当時の記録です。途中、何度か触れているが、あれから10何年、ほとんど、思い出しもしなくなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191118-00296224-toyo-soci&p=1
「パニック障害」10人に1人がかかる病の対処法 11/18(月) 5:25配信 岩波 明 :精神科医 
症状や直り具合、薬の効き具合、症状が現れて、その後の経過は、マチマチのようですね。ある人から、私が、勧められた薬を飲んで、直ぐに症状が現れなくなったという話をしたら、そんなはずはない、そりゃ、パニック障害じゃないでしょ、と言われてしまった。
DSC06401.JPG
ここ数年、飲んでいないお守りの薬、パキシルとコンスタン、とっくに、有効期限は過ぎていると思う。
熱収縮チューブ パニック障害 シリンダー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント