(^_-)-☆ゴルフ一回目

 3989 相良、牧ノガ原の茶畑の中、山岳コース、上り下り、左右の斜面、ボールが水に入ってなくなるのではなく、左右の草むらや谷底へ落ちてなくなる確率が高い。難コースというかいい運動になるコースだ。勿論、カートがフェアウェーに入る制度は無い。カートはセットされた道を行くだけだ。そして、キャディーを使わないセルフだ。
今回のメンバーは、南部の元会長とその部下だった人2人と、私、平均年齢72歳くらいか、80歳以上の会長だけ赤グリーンから、私は、レギュラーの白グリーンの前の黄色(金色?)70歳以上、から打てるのだが、他の二人と同じ白からスタートした。寒くなるとの予報だったが、それほどでもなく、無風に近い状態だったので、多分今の時期としては恵まれた雰囲気だと思う、ただし、このコース、私に取っては、適当な運動になるが、他の三人にとっては、体力的にきついと思う。いつものようにボールの位置を教えたり、探してあげるのは私に役目、それができることは、恵まれていると思いながらの行動だが。
DSC06801.JPG
斜面の下に落ちたボールを探しに降りて行ったが、結局、見つからなかった。
DSC06815.JPG
ティーグランドの脇のチョットした斜面、この落ち葉の絨毯、滑りますよ、スタート前に、注意されれいるが、高齢者がころころ、転ぶ場所です。庭の片隅にある、まだ、残っている紅葉、真っ赤な鮮やかは日本だなんと思う。ゴルフコースに花は、主にやはり、山茶花。満開が多く、落ちた花びらの絨毯が何か所もあった。これも、日本だなと思う。
DSC06786.JPG
DSC06788.JPG

出発前の家の庭の片隅にある、まだ、残っている紅葉、真っ赤な鮮やかは日本だなんと思う。ゴルフコースに花は、主にやはり、山茶花。満開が多く、落ちた花びらの絨毯が何か所もあった。これも、日本だなと思う。

そして、ゴルフが終わった後の大風呂がまた日本だなと思う。途中で水を飲む必要は全くなく、ただ、口の中が感動気味だと思う時、ちょっと、口を濯ぐ程度の飲みだし、汗を全く書かない。風呂に入らないで帰る人もいいが、私は、しっかり、浸かる。おでこにタオルを載せて、ゆっくり、暫く浸かる。インドネシアのシャワーだけのマンディと違いを感じる一時だ。何人かが一緒に浸かっている、こんな事を感じている人はいないだろうね。

今のところ、もう三回、日本滞在中にゴルフの予定がある。
日本だ ゴルフ モミジ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント