(^_-)-☆インドネシアではまだ

 4024 日本では、傷痍軍人とか居座りなどという日本語を知っている人は殆どいなくなったでしょう。私が中学迄の子供のころ、道端で、白装束に戦闘帽?を被った人が、ハモニカやアコーディオンを弾いて、募金?をしていた姿があったし、信号などの交差点近くで、70cmくらい四方の板に三ケ所、木の台車を着くて、棒で、漕いでいた下半身が不自由な人が目の前に缶詰の空き缶を置いていた。
インドネシアには、こういう言葉があるかどうか知らないが、道端でも、物乞いは多いし、交通信号替わりをして金をもらう人、今なら、デパートの出入り口の傘貸しTukang ojek payung、高速道路や一般道でも渋滞に、どこからか湧き出る物売り、道路交通法って、どうなっているのでしょか、車やバイクの運転に対しての法規はあるのでしょうが、通行の邪魔になるような、人達への規制は無いのでしょうか。
DSC07547.JPG
tukang-ojek-payung-.jpg
それでも、どういうわけか、私はインドネシアの運転の方が気を使わない。私の性格に合っているような気がする。車間距離とか、クラクションとか、ハザードランプとか、車線とか、その他もろもろ、日本での運転の方が気を使うし、緊張もする。

車やバイク、人に対して、「一旦停止」の規則がない?一時停止の標識を見たことがない。車もバイクも人も、脇道から、出る時、左右確認はせず、とりあえず、出る。
交差点の何Ⅿいない「駐停車禁止」というのもない。オジェックやミニバスは、必ず、交差点で客を下ろしたり、客待ちをしている。左折したいとき、それらの前に入ってから左折しなければならない、厄介なのは、それらが、脇を確認せず発進することだ。また、左折をした場所で、左側に駐車している場合もあるので、対向車がその交差点にいた時には、曲がった場所で前の止まっている車の後ろで停車しなければならない。まったく、法規がどうのこうの以前に、迷惑を掛けているという意識がないし、逆に迷惑をこうむっているという意識もないのでしょうね。それが、当たり前だと思っている。

物や金のねだりといい、乗り物の自分本位の運転といい。インドネシアですね。

車と言えば、インドネシアには、マティックの数が非常に少ない。何故でしょうか。私は、そんなことはない、誤解だと思うが、こんな記事が書かれていた。
matic.jpg
o-img-86706-ilutrasi-tuas-transmisi-mobil-matic.jpg
Awas, 5 Masalah Pada Mobil Matic ini Sering Bikin Panik 
注意してください、5つの問題がある。マティックの車はしばしばパニックを起こさせる。
1. Boros bahan bakar. 燃費が悪い
2. Hentakan saat pindah gigi.
Jika Anda merasakan hentakan pada saat memindahkan gigi atau perpindahan gigi saat berkendara, maka ini adalah salah satu gejala transmisi matic mobil bermasalah. Hal ini bisa terjadi karena kerusakan pada solenoid pressure, sensor speed TCM atau pengerasan pada piston. 運転中にギアやギアシフトの時にビートを感じた場合、これは問題のある自動車のマティックトランスミッションの症状の一つです。これは、ソレノイド圧力、センサ速度TCMまたはピストンの硬化の損傷が原因で発生する可能性があります。
3. Tuas transmisi eror. Tuas transmisi mobil matic ternyata juga sering error, khususnya di posisi gigi tertinggi. Jika mobil kalian mengalami hal seperti ini, segeralah cek fitur signal engine di panel instrumen. カーマティックトランスミッションレバーも、特に最も高いギア位置でエラーになることが多いです。あなたの車がこのようなことを経験している場合は、すぐに計器パネルの信号エンジン機能を確認してください。
4. Susah mundur.バックが難しい
5. Getaran aneh奇妙な振動

私は、約20年近く前、自分が運転するので、インドネシアで初めて作られ始めたキジャンのマティックを買った。何の問題がなかったどころか、インドネシアの渋滞の凄さと、急勾配の道の登り(登れない車が立ち往生して、道を塞いでいる場合もある)では、運転が楽だった。マティック車の方がインドネシアに向いていると思った。ところが、それから20年後、ほとんど、マティック車は普及していない。何故でしょうか。一番は、マニュアル車が標準でマティック車は特注になって、価格が15%ほど高い。また、何故か、故障が起きやすいという風評?を信じている人が多い。もう一つの理由は、運転手を使っている人が多いからだと思う。自分が運転するわけではないから、何も高い方の車を買うことは無いし、レンタルでも安い方を借りる。
DSC07544.JPG
仕事からの帰り道、快晴。
DSC07526.JPG
私が運転している車の後ろに、こんなマークが張ってあります。日本人なら、日本人が乗っているなと分かりますね。クルシ ロダkursi rodaのマークは、インドネシア人で分りますね。実際には乗せていないが。高齢者マークは、何のマークでしょうか?と、考えさせるマークです。インドネシアにはこういう類のマーク、ステッカーは、無いと思う。インドネシアでは行った行楽地の宣伝マークが許可なしに張られていますね。例えば、タマンサファリとか。
傷痍軍人 いざり 迷惑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント