(^_-)-☆鼠算

 4030 案の定、日本のあちこちに新型肺炎の感染者が分布され始めました。中国からの大量訪問者を受けている限りこの動静は止まらないでしょう。例えば、20万人中国からきてその内の0,01%20人が保菌者として、一人の保菌者が一日2人に移したとして、7日いたとすると、一日目、60人、二日目、180人。三日目、540人、四日目、1620人、五日目、4860人、六日目14580人、七日目、43740人になりますね。情報の一つとして、武漢辺りだけで、25万人に感染しているという。あながち、デマでもなさそうだ。さて、日本政府、どうするの?もう手遅れ?
DSC07645.JPG
DSC07652.JPG
WiFiのプルサをいつもの店で買うためにルマーアバンまで、夕方、いってきた。相変わらずの渋滞で、夕方は遮断機が下りている時間が長いから仕方がない。日本が手掛ける予定の中高速鉄道の工事が早く始まって早く終わってほしいが、2024年ごろまではこんな調子だろう。後期高齢者、良く、こんな場所で、事故もなく運転しているよと自分ながらお思う。
DSC07638.JPG
しかし、こんなところも通って行くのです。田舎はメイン道路は大混雑だが、ちょっと、逸れれば、こんなです。

中国人が多く働いている中国高速鉄道ジャカルタ、バンドゥン、プロジェクトでも新型肺炎に付いて気を使っている。常に健康診断をしているとか。
Mengutip keterangan resmi KCIC, Senin (27/1/2020), proyek yang digarap bersama dengan China ini menerapkan prosedur pemeriksaan kesehatan bagi segenap tenaga kerja yang bergabung, bahkan sebelum wabah Corona menyebar guna memastikan kesehatan dan keselamatan lingkungan kerja di sekitar lingkungan proyek.
月曜日(2020年27月1日)の公式な説明を引用して、中国とのこの共同プロジェクトは、コロナの発生が広がる前であっても、プロジェクト環境の周りの労働環境の健康と安全を確保するために、参加するすべての労働力のための健康診断手順を実施しています。
535722c59.jpg
f8d90004-.jpg
Sejak awal terjadinya wabah corona, PT KCIC selaku pemilik proyek KCJB telah memberlakukan prosedur screening berupa pemeriksaan kesehatan bagi seluruh karyawan PT KCIC dan seluruh kontraktor KCJB yang baru tiba dari perjalanan (bahkan transit) dari luar negeri. Termasuk juga keluarga serta tamu yang mengunjungi proyek KCJB sebagai tindakan pencegahan masuknya virus berbahaya tersebut ke lingkungan kerja KCJB.
コロナの流行の開始以来、KCJBプロジェクトの所有者としてのPT KCICは、PT KCICのすべての従業員と海外からの旅行(乗り継ぎ)から到着したばかりのKCJB請負業者全員に対して、健康スクリーニングの形でスクリーニング手順を課しています。KCJBの作業環境に有害なウイルスの予防対策としてKCJBプロジェクトを訪れる家族やゲストを含む。
コロナ 保菌者 伝染

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント