(^_-)-☆ASKA

 1600 新しい金型が出来てきた。この金型に大きく期待する。今までの金型とは、ちょっと違うぞ、という金型だ、新しいひらめきが、三か所になり、それらが、期待通りの効果を発揮するかどうかが、問題だ。逆に、これでうまくできないと、慌ててしまうことになる。一寸した運命の金型だ。日本で作ったこといがある製品だが、金型代に50万円以上投資した。今回は、10万円ほどで、日本で作った製品と同じものを作ろうとしている。運命の一週間になる。アラーでもお釈迦様でもキリストでも、何でもいいから、成功の後押しを祈りたいが、まったくの無信心なので、今さら祈っても、無視されるので祈らない。

 ASKA,テレビ番組ではありません。私が場所をお借りしているASKAという会社の宣伝をします。私が全く苦手とする仕事です。何が何だかよくわからないが、機械なら何でも、や電気関係のメンテナンスが主な仕事で、それらの販売もするし、輸入もする。中古機械を輸入して使えるようにメンテをしてから、客先に収める。勿論、セッティングもするし、調整もするし、初期設定もする。
 変わったところでは、色々な店の内装や準備もする。日本食レストランやラーメン屋などのレイアウトや厨房の設定などなどです。

 私は別の会社にいた時にはASKAさんに、何回か電気関係の配線や冷却水の供給設備などをお願いしたことがあった御縁で、お世話になることなった。今までなら、アスカさんに頼むことが、社内で出来るわけで、日本から私の設備を持ちこむのも、それらの設置や配線、配管などなど、社内のみなさんが時間を作ってやってくれたので、大いに助かった。

 とにかく、なんでも屋です。社歴は12年過ぎたかな?客先の業種にこだわることはない、どんな会社でも、どんな規模でも、取りあえず、話を聞いて、見積もりを出すようです。私にしてみると、不思議な仕事で、物を作るのではないので、生産計画や予定はないわけで、行き当たりばったりに、来た仕事をするだけなので、期間や場所、人数などばらばら、仕事が多ければ、人も増やさなければならないし、少なければ、調整をしなければならない、内部でやっている仕事は、設置のための準備だが、分解掃除や調整、さび取りや防錆処置など、バラバラ、良く手配が出来るなと感心する。朝のミーティング後、それぞれの場所へ散ってゆく、時には、早朝出発してしまう場合もあるし、休日、先方が休んでいるときに工事というのも普通にある。プロジェクト毎に人数が違うし、そのプロジェクトが終了すれば、また、次の仕事の為に編成をし直す、始まるのも終わるのもバラバラ、何がんだかよくわからない。どうなっているの、という感じ。
 押出しバカの私にはこんな仕事はできない、幅広い知識を持っていなければならないことは勿論だが、手配師のような手腕も無ければならない。会社にとっては、一つ一つが、多くの中の一つにすぎないかもしれないが、客先にとっては、唯一の重要アイテムだから、おろそかにできない。
画像
画像

 再び、陥没した道の今の状態だが、二車線とも閉じられているので、反対車線を片方ずつ使っている。ところが、その使っている側は、二週間ほど前に修理を完了したばかりだが、陥没が出来始めている。バイクが端に寄って、陥没を避けているのが分かる。今週中に、今、直している場所と同じような酷い陥没状態になってしまうでしょう。

久しぶりに孫と話をした。
 期待 確信 新手

"(^_-)-☆ASKA" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント