(^_-)-☆作り甲斐

 1623 PCの押出し成型が他の樹脂と同じようには、できないので、PC成形用の装置を考え出さなければならない、だから、インドネシアの日系企業の日本人技術者も手に負えないのです。ましてや、塩ビの成型がほとんどのローカル企業ではなおのことである。プレートやシートを専門に作る会社はある、しかし、その装置では、それだけしかできない。色々な異形やパイプなどの受注生産はできない。

押出し成型技術のことは、何とかクリアーして、製品が出来たとしよう、今度は、LEDランプに使うとなる、求められることは、何でしょうか。LEDの光源は5mm角、それが敷き詰めてある。直進性の光を拡散させて一つ一つの光源がはっきりしないようにしたい。見えると印象が良くないし、目に入ると眩しい。そこで、光源が目立たないように、そして、明るさも保たなければならない。形状、厚さ、色と濃さ、拡散剤の種類や量、それぞれの組み合わせで試作品を作ってテストをしなければならない、要求が難しいのでなかなか、OKにならない。

実際、現在、中国から輸入しているのだが、品質が一定していないのが、客先の悩みだそうだ。光源が点々と見えてしまう、見えないように、あるいは目立たないように光源を小さくして数を増やすこともしているが。そうすると、光源の価格が高くなってしまう。

この形状、この樹脂でなければならないという指定はない、私に、点々と光源場見えないように、そして、明るさをおとなないようなPCカバーを作ってほしいというわけだ。

もう一つの困難は、原料入手に関して、である。何回も書いているが、特殊中の特殊樹脂、価格は高い上に、樹脂に関して知識が乏しい、商社を通さなければならない、話は遠回りになって、意思が通じにくい上に、行動が遅い、応援をしてくれるのではなく、足を引っ張られている感覚になる。話が順調に進んでも、入手まで、45日から60日は掛かる、だからと言ってエアーで、というわけにはいかない。船ならキロ700円のものがエアーだと1000円以上になってしまう。
画像

コンテナトラックが工場の出入り口で動けなくなっていた。前は電柱にぶつけて斜めになっている、後ろのコンテナが重くて、真ん中のタイアが浮いてしまっているので、前のも後ろへも動けなくなった。道を完全に塞いでしまっているので、他のトラックで後ろから引っ張ってバックするまで一時間以上ここを他の車は通れなくなっていた。
画像

夕方5時前、MM2100からの帰り、チカランバラットの出口の誘導道に入る前から渋滞していて、ここからゲートまで2Kmくらいを20分掛かった。4時ごろMM2100へ向かう時には、ガラガラだったことを確認していたが、分からないものです。
光拡散 透過 困難

"(^_-)-☆作り甲斐" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント