テーマ:危機一髪

(^_-)-☆ルバイ

 2498 シンガポール向けのLEDチューブランプのカラーというか光の透過度の何種類かのサンプルを提出してきた。若きダイレクターの怠慢で、客先が怒ってしまって、私に何とかしてほしいと頼まれた代物でした。ダイレクター曰く、一つの指定された原料で試作をして届けるように頼まれたという。私はそれを信用して、その原料で製品を作って昨日届けた。する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(^_-)-☆抜けられた

 2123 無茶苦茶を言われたまま、どうしようもなくなっていたところが、望みはあった。この会社、本業の方で、相当な赤字を出しつつあった。仕事が薄い上に、人件費が異常に高くなっていたし、従業員は会社を閉じてもらうことを待っている状態で、仕事が薄いのに、勤務時間の仕事をいい加減にし、残業や休日出勤を増やしていた。従業員に対するコントロールが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(^_-)-☆とんでもないことに

  1271 こんなことがあっていいのだろうか。バンドゥン郊外でゴルフをするために夜中の1時過ぎにチプラランの高速道路をバンドンに向かっていた。97Km地点だった。急な登りが終わって、速度が上がった時でした。一瞬何が起きたのか分からなかった。目の前に大きなコンクリートの塊のようなものが現れた。避ける間もなく、激突した。ガガガッと音がして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more