(^_-)-☆Say no to IJIME

画像
画像

  インドネシアのあちこちにSay no to Drugという看板が掲げられている。いじめ、パワーハラスメントについて、思うことを書きます。
私が、インドネシアでアドバイザーをしている間、強烈ないじめの対象にされた理由ははっきりしています。私の存在が、彼らの立場を危うくする、自分の立場を奪われるという、被害妄想です。彼らの共通した性格は臆病で、他人に接する時、不自然なくらいに丁寧。鳥肌が立つくらい丁寧。一旦、他人の目が無くなると、今度は、ひどく怒りやすくなる、すぐに、プッツンして怒鳴り出す。仕事はできないので自分自身でやることは殆どない、怒鳴ってやらせることが得意である。白を黒だと言って押し付ける。言いぱなしで、相手の意見を聞こうともしない。始末が悪い、駄々っ子が間違って経営者に押されてしまった。自分から、経営者になれる人ではない。
そういう人が牛耳る会社に居てしまったのです。私が選ぶことはできない。
置かれた状況は、
1 アドバーザーという地位であって、直接的な上から下への組織の中に入っていない。
2 押出という仕事では、私以外は全くの素人。
3 品質管理や経営能力、営業能力、人の使い方、接し方、言葉を覚える速度、生活順応等は全て私が上。
4 日本の社長からの依頼
アドバイザーとして、私が持っている知識や行動、部下たちへの指導力、外部との接触力、これらを、見習ったり、うまく使ったりして、自分も勉強し、自分の能力を高めると同時に、会社を外部関係や内部的にも安定させる方向にもっていけばいいと思うのだが、その、能力が無いので、私を目の上のたんこぶに思ってしまうのです。苛めても、いじめても、すごすごと引き揚げないので、いじめがどんどんアカラサマになるのです。
第三者の日本人が見ていない閉鎖された特殊な環境なので、誰に気を使うこともない、やりたい放題がエスカレートする。彼らは、いじめてなどいない、と、言い訳を外に向かって言う必要もいないし、私がパワハラにあっていると叫んでも、誰もが、確認する方法がない。事実、北川工業の本社は、パニック障害で居たたまれず、逃げ帰ったことを、私のわがままで逃げ帰ったと思っている。そういうものです。ですから、今回は会社の名前も、はっきり出しました。若社長にとって徹底的に膿を出すにはこの方が良いと思うからです。
 遡って、14年前、初めて、PT.KITAGAWAに赴任して、一ヶ月後、北川工業の当時ナンバー2と言われていた小川常務が会社へきた。そして、私を見つけるなり、「太田さん、余計なことはしないでください、何もしないでください、なにか、問題があった時、私が責任を取らなければなりません、営業もしないでください、北川工業の方針は下請けをしないことです。あなたみたいな立場で外部から北川社長が呼んだ人は大勢います。役に立った人は一人もいません。契約期間が終わるまで、じっとしていて、終わったら、直ぐに帰ってください」とはっきり言われた。例のインドネシア産を隠そうと徹底的にインドネシア人を(製造地偽装を)指導した人です。いきなり、大逆風である。それを、当時の本社の社長や副社長は知らない。
 すぐ後に知ったことだが、多くの途中入社の人が、彼から無視され、また、社員には、其の人と接触するなと言う命令が多くでいた。生え抜きの社長の側近の人もその被害にあって苦しんでいる人もいた。
 その後、私がPT.KITAGAWAから去るまで、彼と仕事の話をしたことは一度もないし、皆さんがよく誘われる食事会に誘われたこともない、射出のインドネシア人も時々、昼食会に誘われたが、押出の私の部下が誘われたことが無い。徹底的にシカトされたし、差別をされた。
彼のお気に入りにならないと何をされるかわからないという北川工業の人は彼に逆らえないでやむ負えず彼に合わせる若い人もいたが、本質的に常務と同じ考えなのでしょう、ヒラノ、イトウからも無視されていた。仕舞いには、押出の仕事からも外され、客先との接触も禁止された、私の居場所は事務所の入り口近くのコピー機の近くに移された。小川元常務の命令である。彼が何回目かに来た時の翌日、出勤していったら、私に何の予告もなく、机の場所が入り口近くへ移されていた。サラリーマンの世界ってこうなんだ、いじめいじめと聞いていたが、こういうことなんだと、妙な納得をした。

私がPT.KITAGAWAを去ってから、間もなく、この常務は、社内の内部告発やネットでセクハラやパワハラの事実を明かされ、やめさせる羽目になった、今は、北川工業とは切れている。発表された退任理由は違うと思うが、実際は、私が書いたことが正確です。それに伴い、元常務派の人も、会社に居辛くなっている。当然である。
 自分たちがやったことは正しかったと思う人はいないと思う。その時は、ただただ、狂っていただけだと思う。冷静になって、自分が、何をしてしまったのか、考えてほしい、そこから、多くの人々に迷惑を掛けた。そして何も貢献しなかったことを知ってほしい。

 私に何をしたか、そして、その結果、何か得るものがあったのか、何もなかったはずです。そして、今、私は反撃をしています。彼らはそれを予想できないのです。世の中のパワハラは、私のようなケースともうひといつ、自分より能力が低いと判断した人をいじめるケースです。これは、学校での苛めに似ています。このケースの方がはるかに多いだろうし、あらゆる年代や場所であると思う。苛められた側は、泣き寝入りをするしかないが。何年か過ぎても私のようには、反撃できない人の方が多い。いずれにしても、いじめた側は、永久に続けられないし、いつか、自分がみじめになる時が来るはずだし、社会的にも制裁を受ける時が来るはずです。

ですから、今自分が誰かをいじめているかどうかを、いつも、考えてほしいと思う。
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/
私がインドネシアに居た、そして、今もいる理由(根拠)はインドネシア人の若者に私の技術を伝えること、そして、そのためには仕事を見つけなければならない、そこで、自然に発生する責任は、その仕事を依頼してくれた会社に迷惑を掛けないということだけでなく、貢献しなければならない。だから、何があっても、何をされても、すごすごと、逃げ出すわけにはいかないし、何より、そういう、理不尽な扱いをする人を許せないからです。PT.KITAGAWAには、私が尊敬する人の力で入場することが時間の問題ということが明らかになった。もう一社については、私の力で、二年後を目標に入場するよう行動をする。理不尽にいじめをした人には必ず、しっぺ返しがくる。
会社の食堂(キャンティーン)です。バナナの配送
泣き寝入り  逆襲  気の毒

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック