(^_-)-☆7年過ぎた

1765 あれから7年過ぎた。しばらくぶりに、パニック障害について書く。7年前に顕著に発症し、約三年後、全く、思うことは無くなった。その一年前に、クラッと来たことが有った、その時には、単なる目まいで気にもしていなかった。顕著になったというのは、その目眩が、頻繁に置きだしたときのことを言います。症状は、それは、単なる一つに過ぎなかった。
そして今、もし、何か、軽い、似たような症状の一つが出た時には、年が年だから、と、思うようになっている。あの時には、あれほど、苦しんだのに、今は嘘のよう。
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page113.html
日本に帰った時に、県立総合病院の総合診療科に、挨拶に行く、その折、一カ月分の、例の薬を処方してもらう。前回は3月に受け取った。なんとなく飲んでみるかと思う時に、飲むだけ。飲まなければ飲まないで別にどうこうということは無い。袴田先生も、そういう飲み方をする人もいるという。気休めとか、不安解消とかではない。なんとなくである。そして、その薬は半分残っている。12月に帰る時には、病院へは行かない。
ということで、パニック障害は完全に直っていると思っている。発症当時の環境(インドネシアで仕事中、最悪)と比べれば、天国の様なもの、仕事の量がなかなか増えないという、不満はあるが、その他の事は、ストレスを感じることは無い。特に、人的環境は、17年、インドネシアにいるが、今が一番、恵まれていると思っている。

パニック障害ならそんなに簡単には直らない、だから、あなたはパニック障害では無く、他の病気だったのですという意見や特効薬は無い、原因は精神的なものだから、まず、薬に頼らず、強い気持ちで、そんな症状くらいではパニックにならないよ、と跳ね返せば治る、死にはしないのだから。そんな意見も寄せてくれた。

インドネシアで、それも、過酷な人間環境の中で、様々な症状に見舞われるのです。原因など分かるはずがない、日本人医師もインドネシア人医師も色々な症状を説明しても、その中の一つだけの原因について調べようとする、そして、その原因だろうと思われる数値や映像に関して、あなたは全く正常です。と、言うだけだった。こんなに多くの症状が有る病気をどなたも知らないのでした。
一つの例だが、クラッとした時に脈が何秒間止まる。医者が聴診器でそれを確認した。そして、24時間心電図を付けてチェックする。クラッとなった時の時間を記録しておく、医者が、その時間の脈をチェックしやすいようにするためだ、そして、その心電図のチェック結果、あなたは何の問題もありません。心臓の動きは平均より正常です。と言われる。要するに、クラッと来ることなど、気にするなと、言っているのです。自分では気絶寸前だと何度も思っても、それを気にするな、大袈裟だ、と言いたいのです。そして、そのことは、症状のたった一つにすぎないのに、他の症状の原因については全く触れないのです。
画像
画像

駐車違反のバイクのナンバーを外している。25万Rpの罰金らしい。
 パニック 無知 全治

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック