(^_-)-☆気に入らない

1770 PT,ASKA(私がお世話になっている会社)施工のラーメンレストラン“山小屋”がデルタマスに、間もなく開店する。デルタマスには今のところ、日本人はほとんど住んでいないが、日系の工場がどんどん増えているので、ショッピングモール(日系らしい)が出来れば、日本人も多く住むようになるでしょう。リッポチカランからデルタマスにかけて、広い一般道で結ばれているし、この辺り界隈には、パパヤもくるらしい、日本人学校も計画されているとのこと、益々、日本人人口が多くなる。若い(30前)日本人もいつの間にやら増えているようです。家族連れは住んでいないが、韓国人の家族連れは、かなりいるようです。子供をインターナショナルスクールに通わせている。日本人は何故日本人学校でなければならないのでしょうか、その点、韓国人の考え方の方が、多様性や柔軟性があって、近未来的な国際的な考え方で良いと思う。
画像

JODC専門家派遣事業(Japan Overseas Development Corporation )海外貿易開発協会は国家予算の無駄使い、廃止すべき財団だ。HIDAになっても同じこと。目的?今や助けるなら、日本にある日系企業最優先にすることが必要、もはや、技術的に日本の技術は先進的でもないし、世界がほしいと思っている品質や価格でもない商品の作り方を指導しても仕方がない。要するに、日本は、他人に教えるほどの総合的高度な技術を、持っていないということです。

今は、日本の技術者で現役を引いた方々の多くは、海外でも、現地企業(日系企業は除く)に技術を伝える仕事をしたいと思っている。そういう人々は、報酬をそれほど多く望んでいない。現地に溶け込んで、現地人のレベルで生活出来れば充分と思っている。隠居してぶらぶらしているより遥かに良いと思っている。

大企業や官僚から回ってきた財団の人たちの考え方は間違っているし、その人たちも、仕事は手弁当ですべきだ。報酬など、交通費と昼食代を支給されれば満足くらいの考え方の人たちが仕切るなら良いが、高給取りで分けのわからない委員や理事だか何だかわからない人が、名前を連ねていること自体が、血税の無駄使いだ。財団全体の人数を半分にして、報酬も半分にすれば、人件費は四分の一になる。そのくらいのことをして、海外派遣の費用も半分にする、こちらは、派遣人を二倍にする。これなら、存続してもいい。

日系企業に関係する会社への派遣条件は間違っている。純粋な現地企業優先で、日系企業とも取引があっても構わない、そんな条件にする方が正しい。言いわけみたいに現地企業への派遣の事も書いてあるが、それを実行せれている例を私は知らない。日系企業は自分で指導すればいいし、なにも海外の日系企業を援助することは無い。派遣する人もフリーになっている人に限るべきで、親会社やその関連の人を技術指導者として、面倒を見て、資金援助をするのも変。大勢のJODCからの派遣指導員を知っているが、大した仕事をしていない、大したことを教えていない。高級住宅に住み、運転手付きの車に乗り、ゴルフや飲み会、カラオケ三昧、それだけでは無い、何かとアンダーテーブルを要求する、そういう人は、大企業の退職者で、退職金もたんまり受け取っている。どうですか、すべてとは言わないが、そういう人が目立つ。
もうひとつ、何年も腰を据えて現地企業を指導するシステムがいい、半年や一年限定の制度は誰が決めたのか、現地の人を指導したことが無い人でしょうね。それとも、報酬が大きいし、大企業優先の制度だから、さっさと指導して、さっさと終われ、という考えからののでしょうか、技術指導を奥深さを知らない人が、作った制度でしょうね。
今のやり方なら無い方が良い、JODC廃止!!!!
画像

“クイズ百人に聞きました“と同じ番組が復活した、7チャンで”ブカン ウンパッ マタ”と同じ司会者、トゥクル アロワナ。この質問は海岸へ行ったときに何をしますか、という問いに対しての答えです。ブルジュムール甲羅干し、日焼け、ベルナン泳ぎ、フォト写真、ティドゥール寝る、マイン パシール砂遊び、です。しかし、私のパンガダランの印象は、90%以上が波と戯れている。ごろっと寝ころんでいる人、泳いでいる人、甲羅干しをしている人は一万人の人出でも、一人もいない。座って休んでいる人、砂遊び、写真を取っている人は少数いる。他にバレーボールやサッカーをしている人、海岸沿いに歩く人、ジョギングをする人もいる。
高給 無意味 無駄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック