(^_-)-☆ビザ情報

 2330 タイトルの前に、インドネシア語でtongsisトンシス( tongkat narcisusの略)って何のことか分かりますか? 辞書に出ていないと思います。自己愛の杖、ですね。

先ほど、私自身のワーキングビザの更新に関して、サクラエージェントに相談に行って来た。出来れば、一年の、それも5年間は国内で更新できるようにしたいと思ってのことでした。

残念ながら、私の歳では、どんなポジションに手も、半年だそうだ。ダイレクターなら、一年を取れるが、ローカル企業では、外国人はダイレクターになれないという。だから、私の場合は、半年でしか取れないし、その都度、国外で取り直さなければならないそうだ。ポジションは今まで通りとして、それも、期限切れの一か月半ほど前に申請を完了していないと、継続して、取ることはできないそうだ。私の場合は、8月の中ほどに切れるので、7月初めには、申請書を出しておいた方がいいという。

その時に、70過ぎの私の事より、現在は、条件が非常に厳しくなって、60才と言われていた年齢が55歳以下でないとなかなか取れないとか、また、大卒以上(高卒ではだめ)というのも、厳格になっているという。仕事がしにくくなった、日本人の依頼者の期待に答えにくくなった、と嘆いていた。

もう一つ聞いてみた、リタイアビザに着いてでした。人から聞いた話で、運転手とお手伝いさんを雇って、その証明書が必要と聞いていたので、確認した。運転手は依頼ないがお手伝いさんの照明は必要だが、旅行会社がそれは、書いてくれるという。あまり、意味がないがという。その他は預金が6000US$異常の証明、インドネシア国内に借家を借りてある証明、インドネシア国内で仕事をしないという宣誓書、自国での健康保険加入証明などです。ほとんどは、旅行会社が整えてくれるものです。非常に簡単だという。書類が整っていれば、国外で一週間で
収録できるし、キタスも一週間かからないという。ワーキングビザのようなにまたさfれる事はないし、アンダーテーブルを気にする事もないという。
Kesanggupan untuk mempekerjakan pembantu WNI(warga negara indonesia)インドネシア人のお手伝いさんを雇うための約束
画像

最初に書いたトンシス、自撮棒の事です。英語では何と言うのでしょうか。selfie stickセルフィースティック?monopodモノポッド?とでもいうのでしょうか。インドネシア語の方が面白いですね。
画像

もう一つ、偽札作りが話題になっている。これは、一例に過ぎない、100ジュタと書いてある。100万円足らずです。効率が悪いと思うが、絶えない。スーパーでは、壺を見ているのでしょう、いちいち、確認して受け取るところが多い。
自分撮り棒 リタイアビザ 延長

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック