独り言インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS (^_-)-☆ご当地グルメ?

<<   作成日時 : 2015/12/16 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2525 リンゴは東ジャワのマランの山間部 グヌン カウィン辺り、ジャガイモは、中部ジャワのディエン高原、コーヒーはスラウェジのタナトラジャ、カカオはスンバ、スンバワ島や西部ジャワならスバンの山に中、バワンメラー(赤ニンニク)は、中部ジャワのテガル。小学校のころ世界の産物について勉強した時によく出てきた用語、プランテーションになっている。オランダ時代に、開拓された農園でしょうね。行けども行けどもその農園、幅や長さ、面積を想像できない。山も麓から山頂まで農園、それが、いくつもの山がその状態で連なっている。日本にいては、絶対に想像できない規模だ。
画像

画像

マランのリンゴとディエンのジャガイモ
マンガ、パパヤ、バナナ、ヤシ、ランブータン、マルキサ、ブリンビン、ドリアン、シルサック、サラック、最近はドラゴンフルーツ、など多くの果物は、インドネシアの島々、どこにでもある、道端にあるし、プランテーションになっているところもある。お茶やゴム、パームヤシは完全にプランテーションになっている。これも、規模の差はあるが、スマトラ、ジャワ、カリマンタン、スラウェジなどのどの島でも見ることができる。

様々な種類の果物があるが、多分、一番甘いと自信がある種類には必ずマドゥMadu(蜜)と付けられている。マンガマドゥ、クラパマドゥ、パパヤマドゥなどである。そして、これら私が体験した結果では、確かに甘い、しかし、スーパーで見つけることはまれで、市場に出回る量は少ないと思う。マンガマドゥは頭の部分、5分の1くらいが赤くなっている。クラパマドゥもやはり、頭が赤くなっている。

果物がなる季節は、乾季から雨季に変わるころ、9月〜12月にかけてだ。そして、1年おきに、収穫量の多少があるが、今、スーパーに置かれている果物の種類や量が1年で最多だし、一番、新鮮で美味しい、と、思う。バソ マラン。ドゥク パレンバン。サテ パンチィラン。タフ スメダン。ソト クドゥス。ウビ マドゥ チレンブ。などなど、土地の名前をつけて云われる食べ物は、沢山なる。だからと言って、それがおいしいかどうかは、個人の感覚による。
名物 味覚 産地

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(^_-)-☆ご当地グルメ? 独り言インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる