(^_-)-☆年が越せる

 2720 イスラム暦の年末ですね。いよいよ、最終週、デリバリーは既に終了している。休み明けの14日の納入や受け取りまで、サプライヤーやカスタマーとの行き来は無くなる。パルセルを渡しに行くだけである。連休中のゴルフ、7日間、スタート時間が決まった。四日と六日は休み。

 空いていることを願って、リッポチカランへ行ったついでに、ファーマーズ マーケットに寄った。以外に空いていて、拍子抜け、買い物はゆっくりできた。しかし、ジャガイモや玉ねぎ、白菜は、仕入れが間に会わなかったのでしょうか、無くなっていた。パルセルは、各種、山なりに残っていた。
 牛肉はプロモの100g9000Rpを、2kg買った。ということで、ふと、におった。ドリアンだ。日さ素振りの嗅ぐ匂いだ。パックに移したドリアンがあった。値段を見ると、1Kg20万Rp、高っ。しかし、誘惑には弱い。この匂いを嗅いで、何も買わないで帰ることはできない。0.55kgパックを二つ買ってしまった。2千円近い。車の中の匂いが、堪らない。食べてしまえば一パック一分ぐらいだ。今は、冷蔵庫の保管してある。早く食べたいが、明日と明後日の朝にしようと思う。
画像
 
レバラン休暇中は、多くの店が閉まってしまう。日本食レストランも二三軒しかやっていないと思う。多分、コンビニの半数は開いていると思うが、仕入れが途絶えるので、空き棚が多くなると思う。私は、居残り組なので、それなりの蓄えを確保しておかなければならない。

いつ、行こうかが問題だが、ネットのプルサが、一番心配。一か月限定なので、今、買っても、インドネシアから離れる日までは、使えるので、今日、買った。二つ使っているが、一個は既にハビス、もう一個の有効期限が来月6日になっている。だが、いつ5GBがハビスになるか分からない状態だ。01~07時まで深夜は10GB以上残っているが、これは、ほとんど無意味、明け方、1時間程度で、その時間にネットに繋げることはほとんどない。
画像

この女性、手で掲げているのは何か知っていますか。こんな交差点では、止まってくれる車はないと思うが、なぜ、ここなのでしょうか。日本では、お年玉ですよね。レバランで帰省した時などに、身内や近所の子供たちにあげる小遣いのための新札を皆さん用意するのです。銀行で両替はできるが、道端の両替屋で変える人も多い。聞くところによると、1万Rp札の変えるのが大部分だそうだ。そして、10万Rpで9枚受け取るのが相場だそうだ。そして、この人達は、その半分をもらうで、元締めがもう半分を受け取ることになっている。所場代である。子供連れの女性が多い。今は、廃止されたスリーインワンのジョッキーも所場代をプレマン(マフィアの下部組織のようなもの)に払っていた。

今月末前に原料代など、サプライヤーに払う必要のある金額は準備できた。給料も余裕をもって払うことができる。無事、年越しができる見通しが付いた。心配事は、フレンシ君だけだ。彼の仕事っ振りは、全然、社員の模範になっていない、むしろ、やる気をなくしそうな雰囲気だ。困ったものだ。
ドリアン プルサ 年の瀬

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック