独り言インドネシア

アクセスカウンタ

zoom RSS (^_-)-☆また、インドネシア

<<   作成日時 : 2018/08/06 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3488 また、また、インドネシアに来ている。日本の暑さから比べると、こちらは、暖かいという感じ、ほっとする。

6時過ぎの家から出発、品川から京急で羽田へ、410円、8:30に羽田着、ガルーダのチェックインカウンターはL,左の端だ。フライトは11;45、カウンターのオープンはその三時間前だった。8;45。搭乗口は、今度は、右の端、105だ。11:10搭乗、予定通りに離陸した。

私の座席は、最後部座席は、空きのままにしておくといわれて、後ろから二番目54Gだった。16時ころ、急病人がいるので、ドクターはいないかとアナウンスがあり、その5分後くらいに、その病人らしき人と多分、連れと。医者らしき人が、ザワザワと空いている後ろのシートにやってきた。ジャントゥンがどうのこうのと言っている。心臓だ。何やら、医務室のような匂いがしてきた。病人、年配の女性だった。数分後に、苦しさが無くなったようで、本人、テリマカシーを連発して、医者も身内も席に戻った。10分間くらいの出来事だった。本人は、到着まで横になっていたようだった。私が最後だったが、その前に、起き上がって、何でもなかったように出ていった。医者がいてよかった。こんなことに遭遇はじめてだった。

自分が、どうにななりそうな状態で強行帰国した12年前のことを思いだしてしまった。私の場合は、機内で異常になったのではなく、異常のまま、乗って島太のだから、医者を呼んでもらうことはできない状態だった。

到着後、キタスのイミグレのカウンターをどこか聞いて、さっさと、スタンプを押してもらって、バゲジの回転ベルトに着いた。カスタムでは、X線を通されることもなく、全てスムーズだった。4番出口の外にタクシー乗り場があると聞いたが、その前に、テルコムのカウンターを探した。右端の出発ロビーがある建物へ行く出口の手前にあった。23GB,25万Rpでプルサを補充した。PCのワイファイ接続ができるようにした。電話のプルサを買う人が殆どだったが、私は必要ない。
画像

17時半にタクシーに乗った。日曜日、ジャラントールは渋滞なし、会社に到着は19時10分だった。例外的に早かった。
画像

カスタムを通って外に通じる通り、右が大鏡の連続になっていて、おのれの姿がと並んで歩く、カートの取っ手を下へ強く押さないとブレーキがかかってしまうので、猫背が強調されている。
画像

例のタマンアングレックの電飾、タクシーのスピードが、渋滞なしで早すぎて、流れてしまっている。
順調 医者 暖かい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(^_-)-☆また、インドネシア 独り言インドネシア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる