(^_-)-☆疑問だらけ

 3738 ブラックホールの存在を視覚的に示す証拠をつかんだ。 写真を見る限り、ドーナッツ状の明るく見える部分の真ん中に暗い部分がブラックホールだという。周りが明るく見えるのはなぜでしょうか。何でもかんでも吸い込む、引っ張り込むなら、これから吸い込まれるものが、集まってきているのでしょうか。解明されていないようだが、何でも吸い込むはずなの、ガスを噴き出しているともいわれている、そのガスでしょうか。

また、このブラックホール、何故、地球の方からドーナッツ状に見えるのでしょうか。吸い込み口は、一方からなのでしょうか、ホールというのが変、途方もなく大きい質量になってしまった物体は、一方向からではなく、全方向、周りのすべてを吸いこむはずだと思うから、光も吸い込んでいるから、その周りのどこから見ても、何も見えないと思うのだが、もし、矛盾をしているが、ガスを噴き出しているなら、全方位に噴き出している、それが、何処からか、まだ吸い込まれていない光で明るく反射しているなら、全方向が明るく見えて、中心の何での吸い込む物質は見えなくて、ガスの明るいボールが見えるだけでしょう。
だから、ホールという言い方は、そもそも変だと思う。

また、発表された写真、不思議な話だと思うが、一方向、地球の正面から吸い込んでいるとしたら、横や裏側はどうなっているのでしょうか。とにかく、全方向から吸い込んでいるのではないので、ボールの一か所に穴が開いているだけでしょうか。それなら、裏側からは、明るいボールの見えるのでしょうか。もし、そうなら、その他に、ガスの明るいボールを見つけたら、その裏側は、ブラックホールのなっているのかもしれませんね。

また、なぜ、地球の方飼を向いているものを見つけたのでしょうか、斜めもあるだろうし、逆に裏側の物もあるでしょう、そして、無数にあるでしょう。地球からもっと近い場所にあるかもしれない、真正面を向いているものしか発見できないのでしょうか、それとも、今回のブラックホールが、地球から最短距離にあって、たまたま、正面を向いていたのでしょうか。それとも、私が思うように、ガスが噴き出していないで、全く、見えない物体だから、有っても見えないから、発見できないのでしょうか。そうすると、このブラックホールは、超特殊な状態になっている塊なのでしょうか。

考えると切りがない、眠れなくなる。それにしても、アインシュタインさんって、どんな頭脳をしていたのでしょうか。それにしても、地球は小さい、人間なんて小さい。

徐々にウェブサイトのリニューアルを進めている。進めながら、平渋りに見る写真、こんなところに行ったんだと思う。

フローレス島のクリムトゥ(三色、火口湖)への途中に見える露天風呂。
画像

コモド島からスンバ島に帰る途中、スンバ島の一か所に大雨。こういう風景は珍しくない、ゴルフをしていても、こんな、雨の塊が近づいてくることが分かる。
画像

スマランの北、約30km北のジャワ海にあるカリムンジャワ群島の飛行場、スマラン空港からセスナで離着陸した。
画像

ブラックホール 裏側 ドーナッツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック