(^_-)-☆kerja hari pertama

 3869 仕事初めの日、と言う意味です。一ケ月ブリの職場復帰だ。新規三社との懸案が進んではいたが、まだ、途中で、その様子をチェックした。一つは、客先との共同開発のような製品、半年以上関わってきていたが、最終段階になっていて、慌ただしい。金曜日に最終?サンプルを提出する約束をした。と言うのも、客先の担当者が日本本社の承認をもらいに、日曜日にそれをもって日本に出発だからだ。

 次いで、技術指導と製造ラインを提供する話だ。これもほとんど半年前からの話で、私以外から見積もりを取っていて、それなら、そちらでどうぞ、ローカル会社でできるものを私が奪いたくないからだ。私のポリシーに反することはしたくない。そう伝えたのが2カ月ほど前、私はとっくに、その会社の方に注文を出して進行しているものだとばかり思いっていて、復帰したということと、何か問題があったら遠慮なく相談をしてくだいとメールしたら、どうも、まだ、ローカル会社に頼むことを決めてないという。二か月前にも納期的にひっ迫していると言っていたが、どうなっているのでしょうか。大丈夫でしょうか。

 もう一つ、これも、2か月ほど前からの客先からの新規製品の見積もり依頼されていた。もう、見積もりを出したのか、確認したら、まだだという、製造数量(クオンティティ)を問い合わせているが返事がないから見積もりを出せないという。そのことを、先方に日本人に伝えたら、その日本人も分からないらしい。そういう時は、こちらの希望数量を書いて見積もりを出しておけばいいのに、それを、関係者全員が思わない。で、ミニマムロットで見積もりを出しておくと話した。そして、既に見積もりを提出した。
DSC04658.JPG
 独立記念日の旗や幟が、そのままになっている。23年前、赴任してきたときの道端がこうだった。何があるのと聞いたら、独立記念日だったよ、と言っていた。
DSC04657.JPG
 近所の広い田んぼ、私が出発する時は稲刈りをしていた。それが、広大な更地にされていた。大きな町が出来そうだ。
DSC04660.JPG
昼食、早速、ミーアラムバソの大盛りだ。胃がない私だが、ペロッと入る。美味しい。

毎日のように、これは、日本製だったという話が出てきます。面白いですね。あれも、これも、日本製です。気付かずに使って居ました。まだまだ、でてきます。日本商品が無ければ、生活ができません、日本装置や部品や薬品が無ければ、韓国の製造業は何も作れません。日本商品が無ければ、様々な商店に売るものが無くなります。失業者が増えます。コレアは、不買運動をしながら、世界中に日本の技術、日本商品を宣伝しているようなものですね。韓国は何もかも日本に手伝ってもらっている触れ回っていますね。それに気が付いていない。有難うと言いたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント